スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もののけ姫』

大学の講義で扱われて、こんなに面白い映画だったのかと思い、DVDを借りてきた。
『もののけ姫』を観るのは16,7年ぶりである。
こうして成人して改めてみてみると、めちゃくちゃ面白いし、小学生の時分でこれを楽しむのは困難だと思った。
以下は私の感想文。


・シシ神の森で、サンに口移しで肉を与えられたとき、アシタカが涙を流したのは何故?

アシタカはタタラ場を出てからシシ神の森で目が覚めたとき、シシ神に銃創を癒されたことが分かり、ついでにタタリ神の呪いが解けてはいまいかと期待して手のひらを見るが、呪いのアザはくっきり残っていた。
「呪いが我が身を食い尽く」して死ぬのだ、という事実が、変えられぬ運命としてあらためてアシタカに突きつけられる(このときアシタカは珍しく感情を表情に露わにしている)。
サンに肉を与えられたのはその直後のことである。アシタカは「食べる」という、「生きる」ということの代表的な行為と、それを誰か(今回はサン)から口移しという印象的なやり方を通じて補佐してもらい、最も親密な関わり合いを実感する。
「いつか死ぬけど、いまは生きている」ということに対する、全方位へのありがたみのような感情が、アシタカに涙を流させたのだろうと。
自分がいつか死ぬという事実は誰もが理屈で分かっていることだけれど、ほぼ全ての人が実感レベルでは分かっていない。いつか死ぬという事実が実感をもって迫ってくるとき(現代社会でいうならガンの余命宣告とかだろうか)、人は絶望にたたき落とされるだろう。けれど同時に「いまは、生きている」という当たり前すぎる事実もまた、稀有なものとして、かけがえのないものとして、実感される機会もあるのだろう。そしてその生かしてくれている何か全てのものにたいする感謝(のようなもの)に人は涙するのかもしれない。


・ハンセン病の隔離

『もののけ姫』のタタラ場に出てくる包帯だらけの人が、ハンセン病に罹患した者たちであるというのは有名である。ハンセン病といって私が思い浮かべるのは、遠藤周作『わたしが・棄てた・女』や、松本清張『砂の器』である。
「おさ」と呼ばれる人物の台詞、
「生きる事はまことに苦しく辛い。世を呪い人を呪い、それでも生きたい。どうか愚かなわしに免じて」


・複雑に入り組む利害関係

『もののけ姫』には様々な集団が登場する。エミシ、タタラ場、もののけ(モロ一族、猩々、猪)、サムライ、師匠連などなど。だれがだれの敵/味方なのか、だれがだれと何の為に争っているのかを、とりあえず踏まえておかないとちゃんと楽しむのは難しい。
ジコ坊の台詞「あいつ、どっちの味方なのだ?」がそれをまざまざと象徴している。


※台詞部分はもののけ姫テキスト(http://homepage1.nifty.com/~yu/mononoke/mononoketext.html)より引用。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。