スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間代表曲 '14

しきりに聴いていた音楽は、何よりも雄弁に当時の感情を語る。

毎年の暮れに、その年を象徴するであろう曲を一曲選ぶという自己満足な試みを2005年から始め、はや10年が経とうとしている。
この節目の年、まだ年末まで2ヶ月強も残っているけれど、私の2014年・年間代表曲は既に文句なしで決まった。


「じゃあ、何故」/阿部真央
(12月代表曲・2月代表曲・4月代表曲・1月代表次点・3月代表次点)

実績も、思い入れも、曲そのものの良さも、全て非の打ち所が無い。

いつも何度でもリピートして聴ける「中毒性」と、
落ち込んだときに心を浄化させてくれる「癒し性」。
テンションを上げるときと、落ち着きたいとき、そういう相反する状況で聴ける曲というのは本当に少ない。
私は阿部真央という歌手が大好きで、あらゆる歌をたくさん聴いているけど、「じゃあ、何故」はやはりその中でも頭抜けて心に響く。

特に歌詞が素晴らしく良い。
「さめすぎてさえする君の全てが愛しすぎた」だとか、
「猫の目ですりよって君が僕を狂わせたんだ」だとか、
どの歌詞を切り取っても隙がないなと感じさせる。

何より最後のサビ直前、「本当は"こんな"僕でももう分かってる」(こんな、という自虐が死ぬほど哀しい)に続いて、
「君は僕が好きじゃないだけだ」
からの、
「君が好きなのは僕じゃないだけだ」
という流れ。何があったらこんな歌詞が書けるんだろう。
一緒のことでありながら、全然違うこと。
語尾についてる、この二つの「だけだ」の歌われ方の違いも素敵である。
そして、「じゃあ、何故、あんな目をして~」と流れていく。

この「僕」の暗く爆発している感情を、阿部真央は感情こめて完璧に歌い上げている。
まるで叫んでいるみたいで、でもキレイに唄われていて。


あるときふと、なんで阿部真央はこの歌に「じゃあ、何故」ってタイトルを付けたのだろうと思った。
よくよく考えれば妙なタイトルだな、と感じたのである。
阿部真央は歌のタイトルを付けるのが(少なくとも昔は)得意じゃないといっていたので、この曲もきっとタイトルに困って結局「じゃあ、何故」と名付けたのだろうと勝手に想像している。もっと何かありそうなものである。

しかし、それでも、このタイトルも完璧だと私は思う。名付けられてみて初めて、これしかないという感がある。
ひたすらこの曲はどうして?じゃあ何故?と問い続けている。その問いにはもはや意味なんて無いんだと「僕」自信が一番分かっていても、愛憎込めて問わずには居られなかったのだ。
もしも苦し紛れのタイトルだったとして(そうでなかったなら申し訳ないです)、それがドンピシャではまるというのは面白い。

再生回数は700回を越え、私のiTunesで歴代1位の再生回数を記録している。
アニソン的な電波な中毒性がないにもかかわらず、これだけ聴けてなお飽きない。
聴けば聴くだけ、味がある曲だなと感じるし、未だ発見するところも多い。
文句なく今年出会った中で(もとい出会ったのは去年だが)最高の一曲。

ちなみに私は「ストーカーの唄」も好きである。ネタ曲扱いされているけど、この曲はこの曲でめちゃめちゃ良い曲だと思うし、語れる。

***

中毒性と癒し性(造語)の両立に関連していえば、こういうのって人も同じだなと思う。
一緒にいて楽しく(中毒性)、なおかつ気分が落ち込んでるときに一緒にいて心が癒える(癒し性)人というのは滅多にいない。だいたいが、どちらかである。
私はそういう人を大事にしていきたいし、私自身誰かにとってのそういう人でありたいな、と強く思う。


***

2014 「じゃあ、何故」/阿部真央
2013 「夜を駆ける」/スピッツ
2012 「正解はひとつ!じゃない!!」/ミルキィホームズ
2011 「覚えてていいよ」/KOTOKO
2010 「檄!帝国華撃団」/真宮寺さくら(横山智佐)&帝国歌劇団
2009 「Midnight Blue Train」/浜田省吾
2008 「かわらないこと~since1976~」/KOKIA
2007 「てんきゅっ」/RYTHEM
2006 「シェリー」/尾崎豊
2005 「チェリー」/スピッツ

2011年の年間代表曲
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-541.html
2012年の年間代表曲
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-722.html
2013年の年間代表曲・選考
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-886.html
#「いーあるふぁんくらぶ」はその後、「ルミナス」を越える再生回数を記録した(当時歴代1位、現在第2位)。
2013年の年間代表曲
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-893.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。