スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒部・飛騨旅行 -飛騨高山編-

飛騨高山に関しては、昨年長々と記事を書いた。基本的には去年とかわらず素晴らしく、「ひなびてるけど、さびれてない」というか、古風だけど瀟洒なところが変わらず素敵だなという感じだった。
今回は去年心惹かれながらも果たせなかった飛彈牛ステーキを食べるという夢を果たすこと、まだ入っていない喫茶店に入ること、そして飛騨高山限定の「入須フユボボ」を手に入れることを目標として飛騨高山へ向かった。向かった、といっても友達が借り・運転してくれたレンタカーに同乗していただけであったが。

信濃大町から大糸線に乗って松本に向かい、そこからレンタカーで安房峠を越える。
国道158号線沿いの梓川には稲核ダム、水殿ダム、奈川渡ダム(初見ではどれも読めない)の3つのダムが架かっていてこれも壮観だった。

高山市街に入ったときには流石に興奮した。
以前来たときは、一生のうちにまたここに来ようと固く決意して去ったが、まさか1年後にくることになろうとは思ってもなかった。

レンタカーの時間もあり、駆け足で飛騨牛ステーキ(とてもおいしゅうございました)を食べ、「喫茶去かつて」で再びお茶を飲み、入須フユボボを手に入れ、おみやげ屋を巡って風鈴を購入し、箸屋さんで箸を眺め、「cafe青」でカフェラテを飲んだ。
本来なら一週間居ても飽きそうにない場所であり、それを数時間で巡るとどうしても心残りが発生してしまうことになるがそれは仕方ない。次の機会だろう。

IMG_3891.jpg

IMG_3899.jpg

IMG_3910.jpg

IMG_3911.jpg

IMG_3914.jpg

ほんとうに、すべてがおしゃれ。

IMG_3915.jpg

IMG_3920.jpg

IMG_3921.jpg

IMG_3929.jpg

IMG_3924.jpg

夕暮れを迎えることなく、松本へとんぼがえり。
夜の松本城もキレイだった。
松本市内で一泊してから、特急スーパーあずさで新宿に帰り、名残惜しかったが友達とここで別れた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カフェラテの横の豆粒何かな?

いい景色だ うらやましい

No title

これなんだったんだろうね笑
さくさくしてて美味しかったよ。

景色は絶品、料理もうまいので、ツーリングで岐阜にいってみるのもいいと思う!

No title

125ccではちょっと腰と尻にきついなwww
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。