スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえば、二人で何かの話をしていたとして、私がちょっと中座したとする。
私が戻ってきたときに先方が話の続きを促してこなかったら、私は先方から「わりとどうでもいい存在」であると思われていると判断する。

たとえば、私が相手に何かをオススメしたとする。
後日会ったときに、相手がそのオススメしたものについて自分から言及してきたときは、私は相手から相当の好感を抱かれていると判断できる。

こういった細かい行動様式のようなものの集積で、自分が現時点で先方にとってどの程度の地位にあるのかということが推量される。

難しいのは、先方の言葉の字面は、その推量にほとんど役立たないということ。
どんなに好意的なメッセージでも、それは本当に好意から発されたのか、それともその場面にたまたま適合するようなメッセージだから発されたのかということは、こちらからでは判断不能である。
字面を偽装してくる人はいても(というより、ほとんどの人はそうしているだろう。円滑に生きるためには必須の技能だからである)、行動様式まで偽装する人はなかなかいない。

問題なのはその発言や行動が「どのように為されたか/為されなかったか」である。発言や行動の中身じたいはどうだっていいことが多い。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勉強になります
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。