あきまして

最近またDVDを借りてきて、『氷菓』を観ている。
4年ほど色々なアニメを観てきたけれど、結局一番心に残ったのはこれなのかなと思う。
既に地上波で全話観ているので、律儀に通して観る必要はない。気が向いたときに、観たい回を観ている。

『氷菓』は飛騨高山が舞台ということで、昨夏青春18きっぷを使って高山市まで旅行にいった思い出を懐かしく振り返ることが出来る……と思っていたが、なにぶんこの物語は屋内で(特に校舎内で)展開されることが多いので、思いの外に自身の紀行の記憶とこのアニメは結びつかない。
だが雰囲気が良いのは変わりなく、落ち着きと楽しみとが上手い具合に混ざり合ってて素敵である。

『ふたりの距離の概算』も、いつかアニメ化されることを気長に待っている。
内面夜叉の千反田さんが見たい。
ああ、概算が読みたくなってきた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR