2つの月

平成19年5月9日の日記

…でも一貫して「好きな人」に通じているのは、――といってもみんなにあるんだろうけど――心の中で、どこか孤立した(孤独ではなく)感覚?観念?を持ち合わせているということだろう。どこかで溶け合えない。90%、みんなと一緒の考えを持ち、とけこんでいるが、ある一面では、到底相容れない何かがある。ぼくの場合、好きな人みんなに見出してきたし、それを「解いて」みたいという感覚をもったものだ。その虚しさを、好きな人と共有できたら、それも最高の関係だろう。…




高校の同級生2人と遊んだ。
1人は親友と呼ぶべき存在である。
もう1人の子は女性である。

その子と会うのは、5年半ぶりである。
実に素直で、喋りやすい人である。
そして途轍もなく頭が良かった。
彼女の存在は、私が東大を目指すことになった、唯一無二の「きっかけ」であった。


つまりその子は私にとって、良き友達であり、高い憧れであり、打倒すべき壁であった。
そして、私の半生を通して最も長く、強く好きだった子である。


受験を間近にして、私はある秋の日、突然彼女に想いを打ち明けた。
高校生である。手順など知らないし、そういうものがあることさえも知らなかった。今も幼いけれど、当時はもっと幼かった。
その想いは拒まれてしまったけど、気まずさを感じながらも決して関係が悪化してはいなかった。

それがあるとき、ふと私が全くその子と話さなくなり、そうして彼女も私と話そうとはしなくなった。
当時は2人とも18歳。
互いに完全無視を決め込んだまま、その稀有な関係は自然消滅してしまった。


それから5年半という月日が経ったのである。

彼女は1浪して(現役で彼女が落ちたことは大波乱だった)東大に合格し、東京で暮らし、社会人になった。

私は3浪して東大に通らず、別の大学に進学し、未だに大学生をやっている。
他に猛烈に好きな子が1人出来たけど、結果は惨憺たるものに終わってしまった。

就職で地元に帰ることがそれなりに現実味を帯びてきて、またその好きな子を諦める必要性も感じていて、それで共通の友人(ちなみに彼も東大卒である。恐ろしい)を介して、彼女と3人で会うことになったのであった。


会うことが決まってからは特に緊張することもなく、ひたすらわくわくしていたのだが、待ち合わせ場所に向かっているときは流石に緊張した。

彼女が変な方向に変わっていたらどうしようか?
彼女は私と喋ってくれるだろうか?
私は彼女とうまく話せるだろうか?

お互い、18歳の頃の相手しか知らない。
そのまま時が止まっていて、成人して、それなりにいろいろな経験を積んできて、鹿児島とはかけ離れた場所で、24歳にしてついに再会する。
それに、大袈裟でもなんでもなく、まさに今の私の人生を規定してしまっているほどの存在なのである。

***

私が駅の改札を出て、真っ直ぐ歩いていったら、彼女の後ろ姿が見えた。
「わー!久しぶり!」と言われた。

第一印象は、「こんな声だったっけ?こんな喋り方だったっけ?」というものだった。
服装は、とても昔からは想像出来ないほど(失礼)垢抜けていて、でも方向性は彼女に似合っていた。
そしてもちろん、化粧も覚えていた。

最初は居酒屋、そのあとカラオケに行った。
互いに互いの距離感を思い出そうと探り探り、しかし楽しく喋ることが出来た。

5年半前、心にずっと抱いていた、何を犠牲にしてでも叶えたいと思っていた憧れは、まさに数年の歳月を経て叶ったのであった。夜の東京の街を歩く、カラオケで一緒に歌を歌う、…。

そういえば、全く意図してなかったけれど、ちょうどぴったり6年半前、私は彼女に告白したらしい。
6年半前の自分は、この子のことを死ぬほど好きだったんだよなぁと、不思議な気分だった。
甘んじて自身の人生を規定させるくらい、好きだったのだ。

時間が過ぎるのが早くて、もっとこうしていたいなぁと思ったけどそうもいかない。
連絡先を手に入れて、隣駅まで散歩して、また飲もうねといって別れた。


2人とも大人になったんだなあと思った。


***



「可能性」があるかどうかは半々くらいだろうか。次に2人で会ってみないことには分からない。
再会を果たしたこの日すぐに昔の気持ちを思いだした、とは到底言えないし、もし付き合えたとしても、6年前の自分の感情とのギャップに苦しむかもしれない。
ただし、好きになれる可能性は充分に感じたし、より「仲良く」なれる可能性も感じた。

まさかの再挑戦があるのかもしれない。

ともあれその「可能性」云々の話をぬきにしても、この日は相当に自分にとって意義深い1日だったと言えるだろう。
人生屈指の重要な関係を復活させたという、まさにそのことに意味があったからである。



そういえば私が今嵌ってるマンガ、『悪の華』も『おやすみプンプン』も、今好きな子と昔好きだった子が主人公の中に2つながら存在していて、まさに今の自分の状況に符合していて、それもまた驚きである。


コメントの投稿

非公開コメント

久々に覗いてみた。
タイトルのセンスが良すぎて感動した。
惑星の周りを公転する衛星は英語でmoonだもんね

No title

タイトル結構適当に思いつきでつけちゃったけど、そこまで褒めていただけるとはww

でもなんか自分の中を2人がぐるぐる回ってるような感じがねー

No title

がんばるんだあああああああああ!!!!
気合みせぇ!!!

No title

ありがとー!
いろいろ手を打ってみます
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR