スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高砂の松も昔の

このブログにも申し訳程度にアクセスカウンターを取り付けているのですが、ついに10000という数字に。
多分このうち5000くらいは私だと思いますが、それでも何となく感慨深いものがあります。

というのは、このブログを作ってからもう4年半になりますが、やっぱり見に来てくれる人というのは年単位で変わっていくのですよね。

最初は東方projectやローゼンメイデン関係で知り合った人たちとの交流の場みたいな感じだったこのブログも、やがて麻雀の話題が中心となり、そのあとはQMAの話題が中心となり、…。私の興味の変遷と、ここを見てくれる人の変遷というのは連動しているような気がします。

こういったのはネットならではの現象かもしれませんが、現実世界にもこういう変遷というのは良く見られます。
小学生時代の友達は、中学生になると疎遠になっていくものだし、中学生時代の友達は、高校生になると疎遠になっていくもので、要するに自分が属する組織が変わると、その組織の枠内で繋がっていた人間関係というのは、どんなに心地よいものであったとしても、ゆっくりと疎遠になっていく。それは絶対に避けられないものだと思います。

私は今バイトの人間関係が本当に心地よく、出来るならこのままずっといってほしいなぁと思ったりすることもありますが、それが絶対に叶わないものであることも知っています。私が社会人になって、バイトを卒業したら、やっぱりみんなとも疎遠になってしまうのでしょう。いつも当たり前のような顔をして恒常的に会ってるけれど、そんな日々というのは悲しいくらい短いもので。
当たり前ですが、一生を通じて繋がっていく人間関係というのは、本当に、本当に少ない。


2009年、私と仲良くしてくださった人は元気にしているでしょうか。
単純に疎遠になってしまった友達もいれば、喧嘩別れをしてしまった友達もいます。
私は我ながら人間関係をあまり大事にしないダメ人間なのですが、喧嘩別れについても後悔はしていませんが、それでもときどき思いを馳せることは今でもあったりするのです。

そして今、ここに来てくれる人も、何年か経てば疎遠になってしまうのでしょう。
だからずっとここを見に来て欲しいということではなく(ここに来ることを強制することは私としては絶対にしたくないことです)、それは仕方が無い、避けられないことなのだということを、ぼーっと考えたりしています。だからこそ、限りある関係性をちゃんと大切にしなければ…と、思います。言うのは簡単ですが、それでも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。