スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下線部すぃ

2010年度センター試験 現代社会第1問 問3

下線部cに関連して、日本における参政権に関する記述として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

①国民投票法上、憲法改正の国民投票の投票資格は、国政選挙の選挙権年齢が満18歳以上に改正されるまで、満20歳以上の国民に認められる。

②被選挙権は、衆議院議員については満25歳以上、参議院議員については満30歳以上の国民に認められている。

③最高裁判所は、外国人のうちの永住者等に対して、地方選挙の選挙権を法律で付与することは、憲法上禁止されていないとしている。

④衆議院議員選挙において、小選挙区で立候補したものが比例代表区で重複して立候補することは、禁止されている。




これ解きながら、あれれおかしいなぁと思っていたのですが、なんと今日国会で取り上げられていました。

設問では「適当でないもの」を選べとあるので④番がすぐに答えと分かるのですが、「じゃあ③は適当なのか?」と。なかなかタイムリーな問題だというか…民主党の圧力がどうたらこうたらというか…

論理的に正しいかどうかというのは、あまりここでは問題ではなく。


まぁ、自分が解いた問題が国会で槍玉に挙げられていたというのがなんか嬉しかったというだけの話ですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。