スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋天!

昨日はバイトも大学もない、紛う事なき休日であった。
僕にしては大変珍しいことだが、なんの目的もなく外に出た。明確な行き先や用事がない限りは部屋に籠もっているというのが大抵の休日の過ごし方なので、あまりないことである。
ともあれ外の空気はとても涼しい。秋の深まりを象徴するかのような空気である。こんな感じで一年続けばいいのになぁ、とも思うけれど、やはり四季があるからこその秋なのでしょうね。

さてとりあえず駅へ向かい、適当な中華料理屋で餃子と炒飯を食べ、本屋に入った。
そこでNewtype specialと題された雑誌を買った。
噂で聞くところのまどかマギカ特集オンリーの特別号であった。表紙はアルティメットまどかだった。
僕は普通のまどかを好きだと思ったことはないけれど、アルティメットまどかは大好きだ。フィギュアを買いたいという欲求は切々と募るばかりだが、いかんせん値段が高い。

それともう一つ、三島由紀夫の『奔馬』(豊穣の海・二)を買った。
『蟹工船』を読んだらこれを読もうと思った。『春の雪』を完全に忘れるまでに手を付けることが肝要だと考えた。
そのあとは近くの喫茶店に入って一心不乱に『蟹工船』を読み進めた。
読書に於いて集中力というのはとても大切である、だがもちろんこんなことは言うまでもなかった。

これが土曜日のあらましである。




その翌日には秋の天皇賞があった。
一応府中競馬場からは近い(?)ので、それに両陛下の行幸啓もあるし、せっかくだから行こうと考えた。
朝は雨が降っていて、やっぱ今日はやめようかなと思ったけれど、なんとなくこういう時こそ行った方が良いだろうと思い直し、今秋はじめてコートを着て、外に出た。寒かった。

DSC_0788.jpg

東京競馬場前の並木は既にほのかに赤く色づいていた。


僕は13番のダークシャドウと、16番のカレンブラックヒルという馬を買うことを既に決めていた。
前者は会社の上司に聞いて「これや善し」という馬で、後者は今日までずっと勝ち続けてきた、とても浪漫がある馬であった。
僕みたいなスーパード素人が単勝・複勝以外に手を出すわけにはいかないと思い、いろいろあった考えを捨てて、2頭の単勝を買うことにした。オッズ的に、どちらかが勝てば必ず儲かるようになっていた。素人は余計なことは考えない方が良い、ただでさえ難しいG1レース、ましてこの面子…
しかしやはりあれこれ考えるのは楽しかった。無知なる者のなけなしの楽しみ。

場内に入り適当なファストフードを食べ(うまかった!)、人混みの中にわけいった。既に良い時間であった。
やがて天皇皇后両陛下がお出ましになられたのだが、結局僕は残念ながらどこにおわすのか最後まで判然としなかった…。

DSC_0790.jpg


やがて雨が降ってきた。そしてファンファーレがなった。興奮はここに極まった。あとは、13か16の馬がゴール板をいの一番に駆け抜けるのを待つだけである。
そしてついにレースの火ぶたが切られた。16の馬が2番目に付けている!いいのではないか?これは、いけるのではないか?僕は確かにそのとき夢の中にいた。大観衆のなか、いろんな色をした泡のような夢が、膨張し、溶解し、飽和していた。レースが終盤に差し掛かる。と、2の逃げ馬はまだ逃げている。これは不味い。「誰」か、どの馬でも良いから、あいつの逃げの完遂を防いでくれ――いつしかそんなことを祈りながら、のこり400ほどで、ついに馬群が2番を捉えた。16は?13は?僕の目はそればかりを追おうとしていた。そして一瞬のうちに馬群が目の前を通過していった。勝ったのは、12番。エイシンフラッシュという馬であった。

僕は人生で初めて覚える、心臓がギュウウウと収縮したまま戻らないような、凝固した感覚を遺しながら、夢の終わりを悟った。



端的に言えばとても悔しかった。素人に悔しがる余地があるのかどうか分からなかったけれど、でも確かにあの感覚はまさに「悔しい」そのものだった。

思えば馬券を買うとき(そんな経験は本当に少ないのだけれど)、これほど神秘的な感覚を覚えることもないような気さえしてくる。完全に無知な僕は、いやもしかしたら無知でない人ほどそうなのかもしれないが、「勘」というものが本当に有為なもののように思えてくるのだ。
そしてレースが終わった直後でさえ、この12という数字をつい何分か前の(まぁ15分以上前じゃないと危ないですね、「投票」締め切り時刻的な意味で)自分に「伝えられない」というまさにその点で、時間と存在というものの神秘を感じるのである。そして収束がどうたらとかわけのわからないことに思いを馳せる。あの大人数の中にあっては、よりそういう感覚が無駄に高められてしまうのだろう。


しかし今回のレースは本当に印象に残るものであった。
レースの展開そのものによって、そして僕自身の馬券の買い方、およびそれに乗せた期待の仕方によって、この秋の天皇賞がかくも印象深いものとなったのだろう。


そして帰りの電車の中で、僕は『奔馬』を紐解いた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うまいこというつもりはなかったが馬があわなかったのだろう 天皇皇后両陛下はみれなくて残念だ.....

No title

馬が合わなくて、心にぽっかり空いた穴もウマらない…というわけですね!

JCも

君の予想を期待しています
ヨシトミは出ないみたいだけどね…

No title

ワイも結局クソつまらん予想に終始したなぁ
生で見たかった
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。