スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルキィライブin武道館

ついに武道館でミルキィホームズのライブが開催された。

(僕にしては珍しく)4人で行ってきた。
現地集合ということになったので、両国で謎の力士出待ちをしたあと、九段下へ向かった。
僕にとって初めての声優ライブである。

武道館に入るのも無論初めてだった。
意外と狭くて、2階席だったのだけれど、これだと案外近く見えるかもしれないなと思った。

僕より先に着いていた、語学のクラスで一緒だったという間柄の人は、こういうライブに行き慣れているらしく(そういうそぶりは去年一年間一緒だったのに全く無かった)、色々な話を聞くことが出来た。
僕はサイリウムを買ってなかったし、買うつもりも無かったけれど、やっぱり買おうかなということでボッタクリ価格のサイリウムを会場内で買ってきた。
とりあえずピンク色と青色を買ったけれど、あとから思えば緑と黄色も買っておくべきだったな。

開演は17時。
正直相撲の優勝争いが気になって、開演を待つ間にワンセグでちらちら見ていたが、11分頃に会場が暗くなった。
武道館がどよめき、サイリウムが光り始める。

一曲目は「ナゾ!ナゾ?Happiness!!」
なぞ!なぞ!なぞ!なぞ!なぞ!う~いぇいいぇい!

会場のボルテージが突然マックスになって(それはそう)、僕はただ立ち上がったままサイリウムも振らずに4人を目で追っていた。

2曲目からは既に知らない曲だった。
会場でアドリブでのれるとはいえ、予習しておくべきだったと後悔。
楽しむための努力は惜しむべきではなかった。
ぼんぼん振られる無数の光の束を見ているうちに、突然ラテン語の「e pluribus unum」という言葉が浮かんだ。

多数で出来た、一つ。

何曲目かまでは控えめにサイリウムを振っていただけだったが、三森すずこのソロ「グッデイ・エブリデイ」になると会場がピンクのサイリウム一色になった。

「朝ですー」

僕は突然狂ったようにピンクのサイリウムを振り始めた。
PVのみもりんが可愛すぎると同時に、「いま」「ここで」歌っているみもりんも途轍もなく可愛かった。
「みもりぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん」
僕は叫んでいた。

知らない曲が続くなか、アルセーヌ様役の明坂聡美やココロちゃん役の南條愛乃が登場しつつ(ここでも歓声が凄かった、そして明坂さん可愛かった)、いよいよあの歌に向けてテンションが漲ってきた。


「正解は1つ!じゃない!!」

前奏が流れた瞬間、みんなが立ち上がった。
この曲のノリの良さは何なのだろう?凄まじく楽しい曲だ。


問・題・解・決!!


流石にこの曲では容易に合いの手を入れることが出来て、それはもう爽快であった。
本当に爽快だった。気持ち良すぎる。ライブって楽しいなぁ。

サプライズゲストでDAIGOが来たり、アンコールが2回行われたり、
そんなこんなしているうちに、あっという間にライブは終わってしまった。


そういえば、なぜこういったライブでは拍手が目立たないのだろう?と思っていたけれど、サイリウム持ってると拍手出来ないんですね。だから「Foooooo」と口で言うんだなぁ。


正直これほど楽しいとは思ってなかった。
4人とも好きだけど特に三森さんが好きな僕は最後はずっとみもりんみもりん言っていたような気がする。
ここで言っておかないと…ねぇ。

僕が次にこの4人に会うのはいつになるだろう?
もう2度と目にすることはないのかもしれない。
ライブというのは、そんな観照でもってグッと楽しくなる。(唐突すぎるが、浜田省吾はそれを知悉していて、ゆえに彼のライブは現実への帰還に著しく支障を来すほど楽しい)

本当に楽しかった。
そして、もっと楽しみたかった。もっと楽しむべきだった。
次があれば…もっと楽しめるように頑張る。



…ライブが終わったあと、サイゼリアで爆安のワインを飲みまくって、いや言うほど飲んでいないはずだが、酔った。
二日酔いがあると無駄に早起きになる。そして金環日食を待ちつつ、こうしてこんな文章を書いているわけだ。

カバンをあけたら、光を失った2本のサイリウムが転がっていた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。