当事者

僕は時々「何かを凄く嫌に思う」ということがある。
他人にとってどころか当の自分にとってさえ、「そこまで嫌う必要は無い」と思っているのだが、ともかくそう感じてしまうことがあるのだ。

そして最近の日常で、そう感じる自分に出会う局面というのが実に多い。


成人して気付いたことだが、これがおそらく僕にとって誰とも(自分自身とも)同質化しえない部分、本質の一つなのだと思う。
だから誰にも相談することはできないし、自分で解決策を模索することも出来ない。
「はぁ、嫌だ」と感じる自分自身にすら飽いている感じがある。

そして僕は「そういう人間」なのである。
理解してくれとは言わないが、念頭に置いていて欲しいとは、少しだけ思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR