スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどマギ再放送

木曜日23:00~@TOKYO MX


というわけで第一話が今日放映された。
BDも全部ではないにせよ持っているので、別に地上波でまた改めて見る必要など本当はないはずなのだが、そこはそれ、思うところがたくさんあるのだ。

以前「なんでいつでも見られる環境があるのに、わざわざ再放送を見るの?」という質問をされたことがあるので、今回はそれに答えてみたい。

物事を楽しむ方法は人の数だけある。
僕にとって「アニメを楽しむ」というのは、「放送前のワクワク感、実際の放送、放送終了後の余韻」の3要素が相まって初めて完全に成立するのだ。
野球の試合だってテレビでみるより実際に球場で観戦した方が面白いのと理屈は似ているかもしれない。


「いつでも見られる」という安心感は、物語の刹那性を薄めてしまう。
人生で例えるなら(大仰だな)、いつまでも生きられるという状況が仮に成立したとした場合、おそらく生きるという行為そのものに意味を生み出す余地が無くなってしまうであろうことと同じだ。

地上波で実際にテレビの前に座して見るというのはやはり、まとめてみるよりも面白いものだ。少なくとも僕にとっては。

一話という単位でもそうだが、一クールという単位に於いても同じことが言える。
たかだか総計6時間程度の映像を、3ヶ月という期間を閲して地上波に乗せるわけだ。
最高の「引き」、それに付随する余韻、そして一週間後のその日を待ちわびて日常を生きる。1年のうちの4分の1をアニメと共有するというのは、良いものだ。

僕が動画サイトなどでアニメを見ることに基本的に反対なのは、それが違法だからというよりも、正直言ってそれだと充分に楽しめない、緊張感をもって物語に対峙できないからである。
僕が漫画を借りるのではなく、買いたがるのも、似たような理由だ。


もちろんリアルタイムで見られないことの方が多いのだけど、もしリアルタイムで見られる環境が整っているならば、極力リアルタイムでみたいと思う。

***

「まどかマギカ」というアニメは僕がまだ鹿児島にいた頃に放送が始まった。
放送終了時は東京に居た。地上波で見たのは最終話とその前の話だけである。
鹿児島に居た頃はニコニコなどを利用して見ていた。

やはり地上波で全部見られなかったということには、どこかで悔いていたのかもしれない。


だから今回の再放送というのは、「まどかマギカ」という最高のアニメを地上波で楽しめるまたとないチャンスなのだ。
特に今回は「まどかマギカ」だからこそ、特別にこれほど拘泥しているのだ。

買ってきたビールとつまみを用意しつつ、テレビの前でそれが始まるのを楽しみに待つ。
30分という時間で集中して物語を愉しむ。
終わった後の余韻。

今春このアニメをそういう楽しみ方で見ることが出来るというのが、何より嬉しい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。