スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中身がない」

ちょうど良い機会なので、ここでじっくり考えてみよう。


アニメが評される際、「中身がない」という言葉を本当によく目にする。
最初から言っておくと、この言葉は本当に魔性の言葉というか、つまり思考停止を招くフレーズであるのだ。
だからみんながみんな「知ったような口」をきいてしまう結果となるし、この言葉に基づいた有為な議論など到底期待することも出来ない。(まぁ結論から言ってしまえば、実のところこの言葉を用いる人間は、そもそも真面目にそんな議論をする必要性など毛ほども感じていないのだ。だからこの僕の試みは結局自己満足でしかないのだが…)


「中身がない」の中身、とは何か?
僕は2つ前の記事で、境界線を定めること――この場合では、「中身」とは何かを厳密に定めること――にはさしたる意義が無いと書いた。
だが、この"中身"はあまりにも広義なので、ここでざっくりと類型化してみたい。

僕が思うに、この"中身"の指す意味内容は3つほどある。


①ストーリー性

「事件」とも言う。
物語には、出来事・そしてそれに付随する結果の2つが必要である。
入力と出力の繰り返し、それらの織りなす複雑さが、物語というものの起伏・奥深さを形成していく。

日常アニメにはそれがない、故に見ていて退屈だ、という批判。

本当のところ、「事件(=出来事=入力)」の無いアニメなど存在しない。
ただ、それがもつ比重が極端に薄いだけなのだ。
ストーリーはあるけれど、それが登場人物の人間関係に影響しにくい、というように。

もっとも、ストーリー性があっても退屈なアニメはいくらでもあるけれど。



②人生における大切なことへの示唆

わかりやすい例で言えば、名言とか。
それを全面に押し出している作品が、まさしく「ARIA」とか「ローゼンメイデン」とかである。
確かに、この要素は重要である。だがそれは本当に、「中身がない」アニメには存在しないものであるのだろうか。



③非テンプレート性

「中身」がこの意味で用いられる際、「中身がある」という風に用いられることは実は少ないのではないかと思う。
非テンプレート性という言葉を使ったのは、これ意外にどう表現して良いか分からなかったからである。

要するに、適当に「萌え要素」をぶち込んで、何も考えずにテンプレート的に作られた作品をさして「中身がない」という批判が用いられる場合だ。
そしてこの場合における「中身」が、最も漠然としている。

とりあえずオタクが喜びそうな萌え要素を取り入れ、それっぽいどこにでもありそうなストーリーを付与し、適当に手を抜いて作られた、つまり量産型の作品…が批判される際、この「中身がない」というフレーズが濫発されるようだ。

尤も、そんなアニメが売れるはずはないのだが。


ここまで書いて、僕は僕で思い当たる節がある。
JPOPで今売れているのは嵐とかK-POPとかだが、JPOPを全く嗜まない僕からすれば、なんでそんな「中身がない」曲が売れるのだろう?と思うのだ。
そしてその後で、僕は僕で「中身のある」曲を想起する。僕は浜田省吾が好きなので、彼の曲を「中身のある」曲として挙げるだろう。

しかし結局、現在は嵐とかなんだとかが売れている。
この事実から僕はどんな結論を導くべきだろうか?
「視聴者のレベルが落ちている」だろうか。「量産型のように見えるその曲の中に、実は他の曲と一線を画す何か光るものがある」だろうか。

どちらの結論を導くべきかはともかく、ここで大事なのは、前者を肯定するためには後者を否定しなければならないということ。
そしてそのためには、僕が「中身がない」と見なしている曲に、面と向きあわなければならないということ。つまり、僕が彼らの曲を(売れてる曲だけでも)聴いて、光るものが無いということを確認する必要があるということだ。

「"聴いていないけど"中身のない量産型な曲だよねー」と、僕が嵐のファンに言ったところで、僕の批判は何ら説得力を有さない。

そもそも、聴いていない か ら こ そ 量産的だと感じてしまうのではないだろうか、とも思う。
僕自身にも思い当たる節は一杯あるからだ。



***

思うに批判するという行為は、結局その批判したい対象と粘り強く付き合うことを意味するのだと思う。
それがなければ、批判はただの偏見と成り下がってしまう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。