スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6段昇格のために

いまいち成績が向上していかない原因を、自分なりに考えてみた。
そしてその結果、次のような結論を得た。


①鳴き実行率が低い(和了率が低い)

現在、鳴き実行率10.356%(これでも高くなった方)
和了率20.365%(これでも以下略)

・3900以上の手が見込めるならどんどん鳴いていく
・打点が低くとも、7~8巡目あたりで面前で手が進んでいなければ鳴いていく
・多少無理な所からでも鳴いていく

和了率23%が目標。



②他家のテンパイ「気配」に対する危機感の欠落

(リーチに対してはそれなりに降りることができるが、他家の鳴き仕掛け、怪しい捨て牌や親の動向、巡目が深くなってきた時…に対しての危機感)

・自分の手配がその時点で二向聴以下であれば、ほとんど降りを視野にいれながら打つ。危険牌は切らない。
・警戒すべき相手の手出し牌を見ること(←今までの自分が全くしてこなかった行為)。



③平場親リーに対するクソ待ち低打点追っかけ

親リーチに対して、例えばそのあとカンチャン待ちでテンパイしたときにリーチは打たない(相当の打点で無ければ)。




上のテーマからは大きく脱線するのですが、危機感というのは本当に大事ですね・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。