スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局「強い人」が正義なのです

把瑠都が初優勝を決めました。

ところで横綱になるためには、「大関で2場所連続優勝(ないし、優勝に準ずる成績)」という成績を収めることが必要条件となります。
把瑠都が次も優勝すれば、把瑠都は横綱へと昇進することが出来ます。


ところが、横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長は把瑠都の綱取りに対し、次のようなコメントを発表しました。

「来場所?綱を獲る人なんかいないよ!もう一回優勝したって内容を見ないといけない」



対稀勢の里戦で把瑠都が見せた立ち会い変化が、厳しく評価されているようです。

確かに横綱には「心・技・体」、すなわち強さだけではなく、優れた精神力も求められます。
大関という高位にある力士が「卑怯な」方法で勝つのは、褒められたものではありません。それはわかる。僕も立ち会い変化には相当厳しい意見を持っています。


しかしながらこの横審委員長のコメントには異議を唱えざるをえません。
なぜ一回の立ち会い変化のために、把瑠都はここまで言われなければならないのでしょうか?

この一番を除けば、把瑠都は本当に圧巻の相撲を見せつけています。
他の大関陣と比較しても、頭1つ抜けているほどです。

そんな力士を、犯罪を犯したわけでもないのに、一度の立ち会い変化のために「品格がない」などと糾弾することには、なにか猛烈な違和感があります。
立ち会い変化がダメならいっそ禁じ手にすればよい。僕自身は賛成です。


そもそも「品格」をとことん求めてしまったら、どんな力士も(おそらく白鵬さえ)その条件を満たすことはできないでしょう。
「品格」とは都合の良い言葉です。そもそもこんなに人によって変わってしまう尺度によって人を斟酌するなど、間違っているとは思いませんか?
「品格がある」ということが、「横審がどれだけ気に入るか」ということと同義となってしまってるような気がしてなりません。
最低限の品格、と言うのなら、誰が見ても把瑠都はそれを満たしているでしょう。なんなら相撲ファンにアンケートすればいいでしょう。

そう考えれば、いや本当はそう考えなくても、横綱に求められる物は圧倒的に「強さ」。これに尽きます。
なんだかんだ言っても、畢竟「大相撲」というものは戦いであり、興業なのですから。

横審委員長のこの発言は、ことさらに「品格」を求め続け(貴乃花の幻影でも追いかけているのでしょうか)、何か大事なものを忘れているということを露呈してしまっている。
僕はそう考えます。



もっとも私見を申せば、把瑠都が来場所優勝する可能性は低いと思っています。
相撲技術もまだまだ未熟ですし、白鵬がやすやすと連覇を許すとも思えない。
もちろん応援していますが。

ま、もし仮に把瑠都が30連勝しても横審が彼を横綱に推挙しなかったら、逆に僕は横審を褒めますね(笑)
世間様から猛烈にたたかれることでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。