スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうだい!

学歴スレと英語スレほど見苦しいものはない…
どうも翠凜です。なんか久しぶりな気がする。


結構知ってる人が多いかもしれませんが、今年自分は東京大を受けました。
見事に落ちた訳なんだけど。
具体的に目指し始めたのは高校2年生の時です。周りの友達がみんな東大目指してて、好きな女の子も東大を目指してたのでじゃあ自分も目指してみようと。


動機はそれで十分だった。


しかし浪人して自分には絶対的に足りない何かがあることに気がついた。
東大模試ではA判定を出していても、心の底では「受かるはずがない」という感覚みたいなものがあった。
自分に対しても、相手に対してもそれはあります。成績は同じくらいでも、「こいつは受かる/受からない」という謎めいた確信が。
2ちゃんねるで志望校をかくような人は95%落ちると思っていい。そこを目指しているだけで自分の存在が貴い人のように思えるからね。

自分の立場からこういうことを言うのもなんだけど「東大を受ける/受けた」というのは何のステータスにもならない。
自分自身が、つい何ヶ月か前は勘違いしていたことだけど。


僕みたいに努力していない人間が言ってはいけないことかもしれないが、あえて言いたい。
受験は厳しい。

自分はその厳しさに怖じ気づいた。



先日、友達に言われました。
「君が東大に受かるはずはない」と。
なかなか醒める一言でした。

夢はずっと見ていたいけど、いつかは現実に帰らなくてはいけないんだよなあ…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。