スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想を絵書け、二重の響音

RYTHEMが新曲を出すらしい。

RYTHEM(リズム)というのは女性二人組の歌手で、万華鏡キラキラとかハルモニアとかは知っている人は知っていると思います。
この二人組の魅力をさらっと語ってしまえば、声が綺麗で、ハモリが美しい。メロディーも心に響く物をつくってくれます。詞は等身大な感じ。
昔好きだった女の子にお近づきになるために聴き始めたこのRYTHEM、なんですが今やそんな下心無く好きです。
そして何より一番応援している歌手でもあります。


・・・で、新曲「ぎゅっとして」はスキマスイッチの旧アフロの方がfeaturingするらしい。




・・・正直がっかり・・・。



いやスキマスイッチが悪いとかじゃなくて。
また失恋歌(ラブソング)かよっ!って思います。

RYTHEMがRYTHEMたるゆえんは、美しいハモリで幻想的な世界を歌い上げるところにある。
多分誰にもまねできない点だろうと思います。
なのにここ2、3年ずっと失恋歌ばっかり・・・なんですよね。なんで?

僕がRYTHEMに失望を感じるのは、昔のファンをないがしろにしているように思えるからです。
「昔のファン」より「たくさんのファン」をとってるような。
だからこうやってフィーチャリングソング(大爆笑)とか出しちゃう。

・・・うんざりだよ、もう。。。


僕は次のCDは買わないだろうとおもいます。
かつては販売日が心待ちだったけど。
RYTHEMの歌詞を借りれば、「変わってしまったのはもしかして私なの」かもしれない。
しかしあんまりだー。
巷に溢れかえったラブソングなんて聴きたくないよー。
歌う人がRYTHEMである必要がないじゃん。誰でも作れる、誰でも歌える。

事務所の戦略なのだろうけど。


しかしファンって何なんだろう。
こうして鋭い批評(笑)をするのがファンなのか、全肯定するのがファンなのか。
ファンになるということは「好きではなくなっていく」ことと同義なのか?
いや違うだろう。
どんな道を歩もうとそれを見守るのがファンなのか。
だとしたら僕はファン失格だな。


辛辣な言葉を徒然に綴ってきましたが、この動画を見て、一抹の希望が湧いてきました。




こういう曲こそ、RYTHEMだけにしか歌えないのです。
酸っぱい歌なんか歌わないで。本当のRYTHEMは思う存分に幻想を唄えばいいのだから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。