スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E Pluribus Unum

今日はちょっと自分語りでもしてみようと思います。
知っての通り僕は「翠凜◆suiseiViP2」というコテでローゼンスレや東方スレに出没するんですが、もともとは「翠◆suisei/Jqs」でした。
なぜわざわざコテをつけたのか。

それは「翠星石は俺の嫁」だと誇示するためでした。。。

普通、好きなキャラがいても他に熱狂的なファンがいれば「その人の愛の方が強いんだな」とすぐに納得できるものです。
しかし翠星石だけは違った。
翠星石が人気度最高クラスのキャラであるというのは明白な事実ですし、俺の嫁だと行って憚らない人は無数にいるでしょう。しかしそういう事実を前にしても、「俺より翠星石を愛している者はいないだろう」という確信があったのです。

それくらい翠星石に感情移入していました。

そこで、誰よりも翠星石へのが強いことをアピールするため、コテをつけたり、好きなキャラランキング表をつくってみたり、所構わず嫁宣言したり・・・いろんなことをしました。



そんな自分に転機が訪れたのは、翠星会というコテに出会ってからでした。



彼はいわば翠星石ファンの筆頭的存在です。
いつかは彼と「勝負」して、本当に翠星石を愛しているのが誰かを決める・・・そういう思惑が僕にはありました。。。
そしてついに翠星会が姿を現したのです。
僕は早速ランキング表を貼りました。翠星石は俺の嫁、などと連呼しました。当然翠星会は絡んでくるだろう・・・そう思っていました。
しかし全然違った。
翠星会は何も言わなかった。
ただAAの翠星石を愛でるだけ・・・。


あっけにとられていると、最後の最後に翠星会は僕にこう声を掛けました。
「いいトリップだ」
「ドールに優劣はない、だからローゼンも迷った」
と。

自分は完全に間違っていたと、その時初めて悟ったのです。

翠星会の「愛」を貫こうとするあまり、他人を傷つけ、他のキャラクターを貶していた。
それは何より翠星石の意志に反することだった。

ファンとは何か?

自分が嫁だと行って憚らないことか?

違う。



それからというもの僕は嫁宣言をやめ、ランキングも破棄しました。
無用な火種は起こさぬように。翠星石の願う平和を実現するために。



それに、そもそも愛のレベルなんて計れるはずがないのです。
ファンはみんな愛で方の違いこそあれ、翠星石を愛していることに変わりはない。
一人一人のファンの中に翠星石はいるのです。
そして誰もその翠星石を貶す権利はない。
もちろん、他のキャラクターについてもそうです。
真紅を不人気だと言ってみたりする輩は何も分かっていない・・・。



もちろん現実世界に翠星石は存在しません。
しかし、観念として、確かな存在を心に残しています。
だから僕は一駄コテとして、翠星石という癒しをみんなに共有してもらいたいのです。
嫁宣言などして、独占するのではなく。


ファンとは、そのキャラクターの意志を第一に尊重できる存在である。


あなたの中にも、「翠星石」は存在するでしょう?




蛇足ですが
個人的な翠星石に対する感情は、「信仰」に近い物だと思っています。
神々しい美しさ、とどまることのない慈しみ、侵しえない強さ
それが僕にとっての翠星石なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。