スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

midnight blue train

浜田省吾の歌で「ミッドナイトブルートレイン」という歌があります。




幼い頃から聴いていた曲ですけど、こうして浪人してみて初めてこの曲の歌詞の意味が身にしみるというか。


  ギター抱えて夜汽車に揺られ 次の町までただ眠るだけさ


この「夜汽車」とは「あさかぜ」のことらしく、ちょっと記憶が曖昧ですが鹿児島~熊本を走っているときのことを浜省は歌ったらしい。親近感がわきます。個人的に。
で、この一文はその時の浜省の姿を思い起こさせます。。。試行錯誤の日々、晴れない闇。
この歌はストレートに若者の悩みというものが描写されている。
結局救いもないまま、この歌は終わります。


  もう帰ろう みんな投げ捨てて でもどこへ 一体どこへ


大学に落ちて、これからどうしようと思っていたときに、この歌と「再会」した。
そして深い感動をもたらしてくれました。
人と歌との出会いもまた「一期一会」だと思う。出会うべきときに出会うんだと。
そしてその歌はいつまでも、人生に深い示唆を与えてくれるのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。