スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱい

「美」とは何か?

これは人類がその悠久の歴史の中で考察を重ねてきた究極の問いの一つだと思う。
美…beauty(…綴りあってたっけ…?)。
谷川俊太郎の「生きる」という詩にはこんな一節がある。

生きるということ。

すべての美しいものに出会うということ


しかしその「美しいもの」とはいったい何であるのか?
という答えとしてそれはミニスカートだったりヨハ…なんとかだったりプラネタリウムだったりと谷川俊太郎は言っているわけです。

だけど自分は自分なりに「美」とは何か、その答えを発見したのでこの場を借りて(もともと俺の場だけど)発表したいと思う。


美。それは、おっぱいである。


まぁちょっと待って欲しい。ブラウザを閉じないで欲しい。
よく考えてみると、古今東西おっぱいほど男の興味をそそるものはないであろう。
まずあのなだらかで艶やかな曲線。もうこれがやばい。この曲線はおかしい。かつて数学とかでいろんな曲線を見てきたがこれほど美しい曲線は絶対に存在しない。断言できる。いかなる方程式を以てしてもこれは表すことはできない。
次にチクビである。これがまた美しい。なにより(多分)きれいだ。そのうすピンク色は絶対的な少女(つまりアリス)を隠喩し比喩的暗示的にメタファーとしてアンビリバブルにシンボライズしているのである。っていうのは冗談だが。

ここまで読んでまずあなたはマジキチだと思うだろう。
しかしあの国民的バンドであるスピッツも「おっぱい」という一見破廉恥な歌を創っているではないか。
それにはこういう歌詞がある。


君のおっぱいは世界一
君のおっぱいは世界一
もうこれ以上の
生きることの喜びなんか要らない


昨日、NHKのトップランナーという番組でイラストレーターの中村佑介さんがゲストとして登場したのですが、その人の描く少女のおっぱいの曲線はなんて美しいんだろうと思う。なんかもう性欲を超越して芸術的な美しさにただただ見惚れてしまうといったところでしょうか。本当におっぱいは美しい。究極の美です。
つまり、TVなどでよく言われる「美術館で美に触れる」というのはそれはつまり(以下略)



まあなんでしょう。
みなさん、よいお年を。

コメントの投稿

非公開コメント

貧乳もいいけど綺麗な景色とかもいいよね

ふくらみかけもいいけど鎌倉の町並みとかもいいよね
うわぁ、気持ち悪いチクビ!!
by次女

※ちなみに「チクビ」を漢字で書いて投稿するとスパム判定されます

そうか…やはり自分にとってのイデアの影はおっ(ryすなわちそれはエロス…
…?
PS この記事は後ろに母親が寝てるときに書きました
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。