スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carpe diem

ふと、温かい缶コーヒーが飲みたくなって、散歩に出かけた。

玄関を出た後、iPodのイヤホンを装着しようとしたら、左側が断線していたのか聞こえなくなってしまっていた。
仕方がないのでコンビニで新しいイヤホンも買うことにした。

木々が空を覆う道路は靄がかかっていて、ちょっとした異世界に居るような気になって嬉しくなった。

コンビニにはやる気の無さそうなバイトの店員しかいなかった。
店を出てすぐにイヤホンを装着した。

そしてその音質はびっくりするくらい糞だった。

出鼻をくじかれたような気がしつつ、近くのベンチに座ってぼーっと缶コーヒーを飲んだ。
温かいコーヒーを雰囲気と共に味わうには、若干季節が過ぎてしまっていたようだ。

仕方がないので誰もいない駅まで歩くことにした。
静謐な住宅街を縫うようにして歩くのも一興かと思ったが、結局耳が寂しくなったので件の糞音質イヤホンをつけた。

誰もいない、と思われた駅には二人組のギャルがいて、駅前で奇妙なポーズをとって写真を撮っていた。
僕は見て見ぬふりをしつつ、踏切に立った。
信号だけが光っている。レールが見えないほど夜は更けている。
このままレールを伝って歩いて行きたい衝動に駆られたが、それはさすがにしなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。