ものそろじー

一人でいるときより、複数人といるときの方が孤独を感じる。
見知らぬ複数人と居るときより、友達複数人と居るときの方が孤独を感じる。

そういうときには本気で「何かを努力」しなければな、と思う。
そうすることで何か自分の心の中に確固たる居場所ができるはずだからだ。

しかしこれは妙なのだ。
なぜならば努力が先立つことは本来ありえないからである。

努力とは何かを達成するための手段であるから、目標が生じない限り努力も生じ得ない。
だから、「何かを」、つまり目標が決まっていない状況でありながら、努力を渇望するというのは矛盾している。
それは努力ではなく「努力」だ。

僕はよく、「君は一人で居てもなんともなさそうだよね」と言われる。
実際の所そうなのかもしれない。もはや一人で居ることに喜びを感じているのかもしれない。
その方が孤独を感じずに済むからである。

コメントの投稿

非公開コメント

そんなwwww怖いでござるなwwwwwwwブフォwwww
自分が独自に考えついたと思ってても、それは実は昔触れた価値観の一つだったということはよくありますし
というより、そうだったことしかありません

固有の名前…emeth:真理?でしたっけ、いいですね。
名前は命ですから

不器用なほうがより人間味があって僕は好きですよ!これからもよろしくお願いします、隠れるなんて寂しいこと言わないでwww

実際ひとりでいるほうが誰にも気をつかう必要がなくて楽だし、家に帰ってくるとほっとした気分になる。俺は一対一なら割と話すことはできるけど、多人数だと別に自分が発言しなくてもいいのではと人任せになる。それで場は自然に進んで行くしね。でも場に貢献することができる人の生き生きした姿を見ると何か劣等感なり孤独感なりを感じる。自分もこうあるべきだし、ありたいとは思うよね。

まあ、これはすいりんが感じる類の孤独感とは違っているかもしれないけどね
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR