スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メメント・モリ

ふと机の上に置いていた腕時計を見たら、針が止まっていた。

百貨店的なところで3000円で買った代物だが、4年ほど前から使っていたものだ。
この腕時計と一緒に、センター試験を受け、大学受験を戦った。何度も(笑)

そろそろ電池が切れる頃合いかと思いつつ、受験本番で止まってくれなくて良かった。

外に出不精な僕は、この腕時計を手首に填めることで気合いを入れていた。
甘えた自分と今日一日は訣別しようという意味合いもあったかもしれない。
朝、この腕時計をセットすることで、なんか頑張れそうな気がしたものだ。


いざこうして止まってみると、寂しい気持ちで一杯だ。
電池を替えたいが、あけ口が無い。
修理をすべきだろうか、それとも新しいのを買うべきだろうか。


時計という物は普通、だんだん時間が遅れてきて、そして針が止まる、そういう物だとおもっていたけど、この腕時計は最後まで(値段の割にはびっくりするほど)正確に時を刻み、いつの間にか死んでいた。


コメントの投稿

非公開コメント

懐中時計ですか…イイですね

僕も懐中時計が欲しいです
やっぱりいいのを買うとお値段が張りますけどね
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。