スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッレ

東京の朝は早い。鹿児島に住んでいたのでよりそう感じる。

大学が5月から始まるので、4月は基本的に暇で、そういう暇があると確実に昼夜が逆転した生活を送ってしまう僕は、やはり昼夜が逆転した生活を送っている。

しかし4時30分頃になると空が白みだすのには驚いた。
僕はあの、闇にうっすら紫色の光が差し込む一連の時間帯(薄明というらしい)が好きなので、散歩に出かけることにした。

薄明という言葉は日の出にも日の入りにも用いられるようで、
昔の日本では明け方を「暁、東雲、曙」というように細かく区分していたらしい。
そういう古人の感性は非常に美しいと思う。


朝と夜の境界が薄れている…ククク…
などと厨二病を発症させた僕はいそいそと出発した。

自転車でほっつき回るのが好きという方も多いだろうが、僕は無目的にぶらつくならやはり歩く方が好きだ。
確かに自転車を使えばより遠いところ、色々なところを回れそうな気がするのだが、いかんせん自転車は中途半端に速いというか、無駄に疲れてしまうのだ。

そこへいくと歩くという行為は、時間という切迫した概念を最初から取り除いてくれているというのか、精神的な疲れをまるで感じさせない。


イヤホンを耳に装着し、誰もいない早朝の街をあてもなく歩く。
ちょっとした背徳感が、この地味な幸せをなおさら良いものにしてくれる。

110413_0526~0001


こういう時間では実に色々なことが心に浮かんでくるものだ。
でも家に帰ったら大部分は忘れている。そういうものだ。

裏通りに回ると無数に寺があった。宗派は様々あったようだ。

大通りに出て、歩いたことのない方面に出ると、川があった。
僕は川で遊びまくってきた人間なので、どことなく懐かしくなって少しだけ川沿いを散策した。
大都会とはいえ、(住んでる土地柄もあろうが)小さな自然はやっぱりあるものだなと思った。


コメントの投稿

非公開コメント

旅をするのは好きかもしれません、お金がないですが…

川でテナガエビを捕れば一石二鳥ですね
お酒の代わりに川の水を取水して飲めばより健康的
川は素敵です

沖縄は海に困らないですね
離島で暮らしてた頃が懐かしいです
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。