スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャメルのコート

冬の昼下がり、こたつに入ってみかんを頬張りつつぼーっとテレビを眺めながら、ふと浮かんだささやかな思いつきのために、自分の能力と人生の一部とを全力で捧げる。
――そんな生き方がしたいなぁとふと思った。

たとえば山際淳司『スローカーブを、もう一球』に収録されているような、『たった一人のオリンピック』のように、大学生が思いつきでオリンピックに出てやろうと思うような、そんな生き方。
「自分の人生」というものを、紙切れかなにかのように扱うような、そんな生き方。

そんな他愛もない思いつきは、叶おうと、叶うまいと、当初思い描いていたものとは大きく異なるものになっているのだろう。きっとそれが楽しいのだ。


(『スローカーブを、もう一球』は、私のなかでトップ10に入るくらい好きな本です)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。