スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんきゅっ

RYTHEMの解散が決定した。


重大発表のお知らせがあったときから、うすうす予感はしていた。
しかしいざこうして形になってしまうと、やはり寂しいものがある。


RYTHEMとの出会いは、自分がまだ高校生の頃、当時好きだった人が一番好きだったアーティストだということで自分も聞き始めたというものだった。

アルバムもシングルも、全部ではないが殆ど集めた。
その人と話すネタを集めるという面もあったけど、RYTHEMそのものの楽曲も好きだった。



当時は、『桜唄』がもうすぐ発表されるという時期だった、



結局それは片想いで終わってしまった。
RYTHEMだけが残った。
『蛍火』の歌詞が自分は好きだった。



それから3年くらいだろうか。


RYTHEMの曲が「幻想性」を離れ、RYTHEMにしか唄えない歌がRYTHEMに唄われなくなってから、僕はCDを集めるのをやめた。ツナイデテが最後だったと思う。


確かに、もうRYTHEMの曲を積極的に聴くことはもう無かっただろう。

しかし、RYTHEMはRYTHEMで、これからも続いていくのだろうとも思っていた。


RYTHEMの2人が離れるなんて、僕には全く想像が出来なかった。
2人の世界をこれからも作りあげていって欲しかった。


そして昨日、正確には一昨日、RYTHEMは生中継で解散を発表した。
2月27日の東京でのライブをもって、正式に解散するとのこと。


チケットが取れるなら、是非ライブを見に行きたい。
最初にいったライブが最後になるというのは、皮肉以外の何ものでもないが。



自分の好きなアーティストが解散して悲しいというよりも、RYTHEMという2人がそれぞれの道を歩んでいくんだということがショックだった。


RYTHEMは青春そのものだった。
それが終わってしまうというのは、自分の中の何かに決定的な終止符が打たれたのだ、とも思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。