『アラジン』

『アラジン』で、アラジンがジャスミンと空飛ぶ絨毯に乗って飛び回るときに流れる「A Whole New World」という曲がある。たぶん、誰でも一度は耳にしたことのある曲。

原文だと、出だしで「I can show you the world」と唄われているが、吹き替えだとその部分は「見せてあげよう」と歌われている。
一見「(世界を)見せることが出来るよ」としか訳せないのに、どこに「見せて"あげよう"」というニュアンスで訳せる余地があるのかなと思って辞書で調べたら、canには「…できる」→「…してあげましょう」というように、文脈によって勧誘のニュアンスを含むことがあると書かれてあって、へぇ!ってなった。

そうだよなぁ、この世界にある、ありとあらゆる素晴らしいもの(shining, shimmering, splendid)を見たい、見せてあげたいよなぁって、部屋で1人で納得していた。

物をこそ

びっくりした話。

なんとなく、気に入ったフレーズが浮かぶことがある。

私は「キャメル」という単語を知らず、検索してそれが色の名前であることを知った。
そこでふと、「上品なキャメルのコート」というフレーズを思いついた。
そのフレーズから止め処なく想起される様々な憧憬は、実に愉快なものであった。

それから数週間が経ち、私は暇つぶしに村上春樹の『ノルウェイの森』を手にとった。
私はこの本が好きで、折に触れて読み返している。
序盤の数ページを手繰っていると、そこに一字一句も違わない、「上品なキャメルのコート」というフレーズが出てきた。
40近い「僕」が、直子のことを思い出そうとしているシーンである。

私はこのフレーズに注意を払ったことは一度も無かった(もしそうであったなら、私は「キャメル」という単語をこの段階で調べているはずだから)。
まして、記憶に留めているなんてことは、あり得ないはずである。
それにもかかわらず、私は自分が思いついたはずのこのフレーズが、明らかにこの『ノルウェイの森』の一節に由来していることを直感的に理解した。

なんとなく読んだ、「目でなぞった」だけの箇所が、無意識のうちに私の記憶庫に格納されていたというだけでも驚嘆に値することだが、しかもそれを、「『ノルウェイの森』で見た」という情報を忘れたままに、ふとした折に思いつくようにして思い出し、しかもそこに色々な大事なものが結びつくというのは、まさに不思議としか言いようがない。

私はこういう現象が巷に溢れているのを知識として知っているし、経験も何度かある。
遠藤周作もどっかで似たようなことを言っていた。
たまにアーティストが「曲をぱくった」と言われるのは、意図してぱくっているわけではなく、たまたまどこかで聞いたメロディを「思いついた」と錯覚して曲にしてしまうからであろう。
しかし、流石に今回はびっくりした。


「思い出す」と「思いつく」の不思議な関係。

卒業論文。その2

卒論。なんとか書き終えて、製本して提出してきた。
前記事を書いた後に体調を崩して、高熱と吐き気と頭痛がひどくて「ああ、終わったな。」と思ったけど、ロキソニンとみかんのお陰でなんとか助かった。
1年もの間ずっと、嫌だなぁ逃げたいなぁと思ってきたけれど、最後はひたすら無だった。焦りや不安もなければ、楽しさや幸福感もなかった。書き終えてからも、達成感すらわかなかった。とりあえず最大の懸案が消えたけれど、現実感はない。ただただ、次の懸案にそろそろ直面せねばならないな、と。

今日は提出のためだけに大学に行き、3時間ほど1人でカラオケで歌い、バッティングセンターで手が痺れるまで球を打ち、讃岐うどんを食べ、家に帰ってぐっすり寝て、起きて借りてきた『塔の上のラプンツェル』を観て(面白かった)、久しぶりにランニングして、こうしてブログの記事を書いている。なんだか受験が終わったときのような気分。明日も(というか今日)終日暇なので、まったり過ごしたい。気が向いたらどっか行く。

卒業論文

「文章を書くことは肉体労働に近い」とは、たしか村上春樹の言であったと記憶しているが、卒業論文が佳境にさしかかるにあたって私はこの言葉を実感せずにはいられない。もうめちゃくちゃ疲れる。ブログも書き、日記も書いていて、「文章を書く」という営為に比較的慣れているはずだが、それでも辛い。チョコレートや栄養ドリンクを絶え間なく摂取して、机の上に散乱している参考文献に目を通しつつ、ウンウン唸りながら不毛にPCに向かっていると、脳内は非現実の世界を飛躍しはじめ、温泉とか雪山とかそんな浮ついた情景のなかをふわふわと漂いはじめる。出来れば誰かと行きたいが、無理なので一人で行く。終わったら絶対小旅行をキメてやる。考えてみれば、あと数日のうちに、一年以上もずっと懸案だった卒論から解放されるのだ。大変喜ばしいことだ。クオリティが低くて卒業できない可能性もあるけれど、それはもう知らない。とにかく書き上げて、提出してやる。だからこんなところで文章を書くリソースを使っている場合ではないのだ。でも文章を書くこと自体はわりと好きだから別にいいや。頑張る。

キャメルのコート

冬の昼下がり、こたつに入ってみかんを頬張りつつぼーっとテレビを眺めながら、ふと浮かんだささやかな思いつきのために、自分の能力と人生の一部とを全力で捧げる。
――そんな生き方がしたいなぁとふと思った。

たとえば山際淳司『スローカーブを、もう一球』に収録されているような、『たった一人のオリンピック』のように、大学生が思いつきでオリンピックに出てやろうと思うような、そんな生き方。
「自分の人生」というものを、紙切れかなにかのように扱うような、そんな生き方。

そんな他愛もない思いつきは、叶おうと、叶うまいと、当初思い描いていたものとは大きく異なるものになっているのだろう。きっとそれが楽しいのだ。


(『スローカーブを、もう一球』は、私のなかでトップ10に入るくらい好きな本です)
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR