スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明け会見

平成26年5月場所は、白鵬の29回目の幕内最高優勝で幕を閉じた。
あまり腰を据えて見ることが出来なかったけれど、色々な話題もあり、人気も徐々に復活しているのが嬉しい。両国にも行くことも出来た。

しかし、心配なニュースが一つ。白鵬が一夜明け会見を拒否したというのである。
優勝を果たした力士は千秋楽の翌日に会見するのが慣例となっているのだが、白鵬は会見を開かない意思を表明し、そのまま拒み続けた。

正直言ってこれは前代未聞の出来事であり、巷でも多くの憶測が飛び交っているが…。

・14日目終了時点(優勝が確定していない段階)で、白鵬は会見キャンセルの意思を周囲に知らせていた。
・会見拒否だけでなく、表彰式の国歌斉唱でも君が代を歌っていなかった(いつもは歌っている)。
・NHKのサンデースポーツには出演している。

これらの情報だけでは、「マスコミに反発した」とか「千秋楽の日馬富士コールに腹を立てた」とか、そのセンが無くなるくらいで、明確な理由が推測されるわけではない。時系列的には、白鵬の「物言い」が直接的な要因なのかなぁ?くらいのもので。
ともかく、続報が待ち遠しい。

ただ、真相がどうあれ、最近の観客は(最近といっても、私が観てきた限りでは「魁皇コール」からだけど)マナーが酷すぎるという気はしている。下品な応援だったり、万歳三唱だったり。角界の第一人者として、祖国モンゴルと日本との間で苦しみながら、土俵を盛り上げてきたというのに、扱いがいささか軽い気がするのも、思い違いだろうか。

八百長事件では「国技を潰す気か」と発言したり、優勝したにもかかわらず天皇賜杯が抱けなかったときは衆目を憚らず涙を流していたり、白鵬という力士は良くも悪くもそういう意味でも特殊である。並々ならぬ想いと、内々に誰も触れられないような複雑さを抱えて相撲と向き合っているのだろう。だから今回の一件も、それまでのありとあらゆる鬱屈が溜まりきった結果のような気がしないでもない。

白鵬は一番好きな力士なので、これからも憎たらしい強さで土俵に君臨し続けてほしいと思う。
スポンサーサイト

近況

・facebookを始めた。

バイトの友達や高校時代の友達と、ネットを媒介にした繋がりを持つことが出来たのはもちろん、空手をやっていたころの友達や、なにより離島に住んでいた(小学2年生からの2年間だけ)ときのクラスメイトと繋がることができたのはとても大きいと感じる。
昔の完全に枯れていた関係と今の活きた関係とが、このサイトを通じて平均化されるような感覚。facebookでは、見かけ上は時間的な奥行きが無くなっていて、おもしろい。つまり、たとえば10代未満の頃に大事だった人間関係と、10代の頃のそれと、20代の頃のそれと、そういうバラバラな年代の人間関係が、facebookを通してみると(見かけは)同列に扱われていて、年代の違いが関係なくなっているように見えるのが楽しいということ。

平均化されるのは年代・時系列だけではなく、「知り合いと親友」みたいな、人間関係の濃度も平均化されるし、「ネットとリアル」みたいな、人間関係の特質?も平均化されうるだろう。

・家から田無タワーまで往復。

合計23km。20km以上の距離をぶっ通しで走るのは2度目だが、やっぱりきつい。
スタミナ的には全く問題はない(ペース遅いから)のだが、足が痛い。
18km地点からはひたすら心の中で「左、右、左、右、…」と唱えながら無心で走った。


・ディズニーランドに行った。

中学1年生のとき、東京旅行で行ったきり…だと思う。
「凝ってるなぁ」という感想。楽しかった。平日で空いてたし。
夜のディズニーは本当に綺麗。

・相撲を観に行った。

昨日みにいった。白鵬・稀勢の里の相星対決をみるためだけに両国に行ったといっても過言ではない。
逸ノ城という力士を間近で見たがオーラが凄かった。
遠藤・大砂嵐の対決も楽しみにしていたが、あっさり終わってしまった。
しかしそれ以上に白鵬と稀勢の里の対決は肩すかしだった。白鵬のあの立ち会いには「ずるい」との声も多少あるようだが、ああいう立ち会いを許してしまう稀勢の里が全て悪いのかなと思う。
座布団が舞うのを生で見ることが出来たので、それでよしとしよう。
あと両国国技館の北海道ソフトクリームはマジで美味い。

『アナと雪の女王』

昨今話題の『アナと雪の女王』観てきた。
ディズニー映画はビデオ(DVDがまだ普及していない頃)では何本か見たことあるけれど、映画館で観た記憶はない(…と書いているうちに、『ダイナソー』を観てたのを思い出した)。ともかくも、こうして腰を据えて観るのは実質初めてのようなものである。

あの「れりご~」(「ありの~」)をどこにいっても耳にするなぁ、売れてるんだなぁ、…くらいの印象しかこの映画には抱いておらず、特別何かしらの大きな期待をもってわざわざ映画館に足を運んだわけではなかった。

だが、この映画は予想をはるかに超えて良かった。
映画館で観る映像がこれほどまでに美しいとは想像だにしなかった。
初っぱなの、職人が氷を切るシーンから、一貫して映像の綺麗さの虜になってしまった。

特に印象に残ったのは、エルザの能力が露呈してから、自分で氷の城を築いて引き籠もるまでの一連のシーン。
噴水がうねりをあげて凍るところや、氷の階段が伸びていく場面は、声をあげてしまいそうになるくらいであった。カッコイイ。このあたりは、まどマギ叛逆での銃撃戦に似た感動を覚えた。

テンポのよさも言うまでもなく、やっぱディズニーすげーなーとつくづく感じ入った。
あとオラフかわいい。
「れりご~」って意外と序盤に出てくるんだ。

こういうのはやっぱり、映画館で観ないとその魅力を最大限に享受することは出来ない気がする。

槍ヶ岳計画①

槍ヶ岳に登りたい。
どうしてそんなことを思いついたのか、そのきっかけは今となってはよくわからないけど、なぜかこの思いつきだけはずっと去年から頭の中にあって、そのまま5月を迎えた。
9月に挑戦しようと考えているので、そろそろ本格的に計画を立てる時期に差し掛かっている。
ちなみに「9月」の根拠は、7・8月に比べて混雑していないという話を聞いたからである。

槍ヶ岳は北アルプスの名峰の一つであり、一般登山者が登る山としては難易度が高い。
中学生のときから登山経験が実質的に途絶している私が残り4ヶ月で挑むには、少々無茶といえるかもしれない山である。
しかし今年のこの目標だけは譲れない。既にこの一年で色々なことをあきらめてきたのだ。これくらいのことは通したい。

さて、実際に槍ヶ岳に登る上で考えなければならないことが3点ある。
1つ目は体力の増強。
2つ目は予算の確保。
3つめは経験値の積み立て。

1つ目については、去年の7月からコンスタントにランニングしてきた甲斐もあって、最低限の基準はクリアしていると思われる。あとは9月に向けて集中的に走りこみ、少し食事も制限して、身体をぐっと絞ればだいぶ良いだろう。
それと、登山に必要な筋肉を付けるトレーニングも付加していきたい。平地を走る筋肉と、山を登る筋肉とは違っているように感じられるからである。

心配なことがあるとすれば、オーバーワークで直前に足を痛める危険性があるということ。
既に今、軽いシンスプリント(http://www.cramer.co.jp/care/shinsplint.html)気味であり、ちょっと走るペースないし距離を見直さないといけないのかなぁと逡巡しているところである。
無論ランニングには多少の下半身の痛みがつきものだが、これは結構不気味な痛みである。重症化するのは防ぎたい。

私は過去一度、(走ることにとって)致命的に膝を痛めており、一年間ジョギングすらままらなかったことがある。
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-550.html
この痛みに比べれば、臀部が痛もうが足首が痛もうがシンスプリントになろうが大した問題ではない気もするのだが、やはり北アルプスに挑戦するにあたってはせめて足を万全の状態にして挑みたい。


2つ目、予算の確保についてだが、実際問題これが一番見通しが立っていない。
就活も平行して進めているのでバイトを詰めるわけにもいかず、値段の張る登山用品を1から揃えないといけない身には辛い。
何かを本気で進めたいと考えたとき、必要となるのは意志なんかよりも資金なんだなとつくづく思う。


3つ目。経験値の積み立て。
梅雨明けごろから、月1~2程度でそれなりの山を登っておきたい。
実際に登ってみないと、登山で必要な物事を経験的に把握するのが難しく(知識がそれなりにあっても、経験がないと積み上がらないから)、ぶっつけ本番で岩場に挑むのも流石に無謀だろう。初回の槍ヶ岳であるから、最も簡単なルートを選ぶつもりだが。間違っても大キレットは経由しない(いつかしたいけど)。

予算との兼ね合いで、どの山に登っておくか考え中。
尤もこれを考えるのがとても楽しいのだが。



『たまこラブストーリー』

『たまこラブストーリー』を観てきた(一人で)。

感想としては、不覚にもドキドキしっぱなしだった。
もち蔵の片想いが、地上波での『たまこまーけっと』では(この表現は正確ではないだろうけど)単なる一つのギャグ要素として扱われていたのに対し、『たまこラブストーリー』においては物語の中心となる主題として描かれていた点。
および『たままー』で大きな役割を担っていたデラちゃんが今作では全くといって良いほど絡んでいなかった点。
この2点が、『たまこラブストーリー』が『たままー』とは大きく趣を異にしているように感じさせたポイントだったのかなと思う。

男の子はその女の子が好きなのだけど言い出せない、女の子はその男の子を友達として大切に思っている、こういうぬるま湯みたいな関係が、一つの告白をきっかけにして猛烈に逆転し、急速に展開していく。
ああーーーって感じですね。

***

映画館に行ったのは10月のまどマギ叛逆以来。
TSUTAYAでDVD借りて、部屋に引き籠もってじゃがりこ喰いながら映画を観るのも楽しいけど、やっぱり映画館で観たときの晴れやかさは段違いだなぁと実感する。
もっと足繁く通ってもいいのだけれど。

今日はポップコーンを食べながら観た。
ポップコーンは食べても音がしないから映画館でよく消費されているのだ、という話をどこかで聞いたことがあるような気がする(本当かどうかは分からない)。しかしやっぱり多少の音がするのは避けられず、しかもこういう割に静かな映画を観ながら遠慮なしにポップコーンを頬張るのもちょっと気が引けるなぁと思いながら慎重に食べていたら、食べきらないうちに映画終わってた。

5years

最近は木村カエラのアルバム『5years』を聴きながら走っている。
「Snowdome」とか「Magic Music」とかが特にお気に入りである。

5yearsといえば、このブログもとうとう5周年を迎えた。
ブログを始めた当時と今とではまるで色々と変わっ(てしまっ)たけれど、それにしても長いような短いような。
10年の半分と考えると、感慨深くもあり、ぞっとしたり。
これからもくだらない記事を気が向いたときにおもむくままに書いていきたい。


昨日は競馬、春の天皇賞があった。
私は結局キズナは買わず(1.7倍は…なぁ…)、フェノーメノ、アドマイヤラクティ、サトノノブレス、デスペラードのワイドBOXを買った。
そして見事に外した。

それでバイト、間違って親指を切ってしまって、出血が止まらないという状況に。
親指が使えないのは不便だなと、そう痛感する次第。
箸も握れないし、コンタクトの着脱も大変だし、夜の(以下略)
日頃から卑猥なことばかり考えているから、こういうことになってしまうのだろうかなぁ。

くま近況

クイズ力測定テストだか何だかが始まっていた。
自分の好きな分野で好きなだけ戦えるのは楽しい。魔法石は稼げないけど。

IMG_2348.jpg

400越えて削られるのもなかなか。

百人一首の問題で、「山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり」の作者をスロットで答えさせる問題が出たけれど全然わからなかった。
答えは春道列樹(はるみちのつらき)だそうで。「みかきもり」という名前でこれは恥ずかしいけど、実は作者はあんまり知らない。

そのあとサツキ先生の誕生日を記念するイベントに参加するため、全国トナメを回した。
教師陣の中ではサツキ先生が一番好きであり、私が今使っているカードもサツキ先生の絵が載っている。


IMG_2389.jpg

実に運良く1回目で決勝に行くことができ、羊羹みたいなものをもらった。

IMG_2395.jpg

おもしろい通り名ももらった。
ついでにあいさつコメントも編集した。
春の天皇賞は自分と同じ誕生日であるキズナに賭けたい。
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。