スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄玉魔龍

15クレ程度やって、ファイナル進出0回。なかなか残念な結果に終わってしまった。
回収してて楽しい問題が多いのでライフスタイルは嫌いではないけれど、単独不正解ならびにそれに準ずるような不正解があまりにも多すぎた。次回…もとい次々回くらいには倒せるように頑張ろう。
スポンサーサイト

おいでスペクタクル!

6月29日。有楽町にある東京国際フォーラムで、ミルキィホームズのライブツアー2013(おいでスペクタクル!)の最終公演があった。
ミルキィホームズのライブに参加するのは、横浜おこめまつり以来4度目。
東京国際フォーラムに来るのはKOKIAのライブ以来2度目となる。

はじめに新キャラ2人の中の人がマエセツをしたあと、本番スタート。
アニメイトで適当な安物のサイリュームを買ってしまったせいか、開幕してからすぐに、というか開幕する前から光が大幅に弱ってしまったのは残念であった。

いつものことながら、最初は中々乗り切れない。こういうところですぐにみんなで楽しめないのが自分の悪いところである…。
もちろん、時間が経つにつれてだんだんとそういう妙な緊張は解けていくものであり、最後は跳んだり跳ねたりしていた。数曲やってちょっと小芝居して(ちなみにメタ発言が多い)また数曲歌って、そんなリズム感が心地よくて楽しくて、まるでディズニーか何かのミュージカルを見ているようで、そうして自然と惹きこまれていく。

印象に残った場面は、序盤の「劇団おばけ」ダンスとか、そらまるが小林幸子みたいになって歌っているところとか、プロレスラーが緊張していたところとか(そういえば助けてミルキィホームズの下りは何だったのだろう?)、ペコちゃんが唐突にサプライズゲストとして登場したところとか。もちろん終盤の社長降臨も面白かった。
しかし最も面白かったのは、みもりんのキレッキレのダンスをこの目にすることが出来たはずの「グッデイ・エブリデイ」で、みもりんがまさかのパンダ(場末の遊園地によく放置されがちなアレ)に乗って動きながら歌いだしたこと。「あさですー」とか言ってる場合じゃない。
(※元ネタ? http://stat.ameba.jp/user_images/20120324/21/mimorisuzuko/88/b2/j/o0480085411872061123.jpg
それにしても笹食ってるみもりんは遠くから見ても、途轍もなく途方もなく可愛かった。きっとたい焼きを食べているときと同じような表情をしていたことだろう。

「勝利ノキズナ」が流れ出したときは肌がゾォォっとなった。
「正解はひとつ!じゃない!!」は相変わらずの吸引力。QED!!!

…ライブが終わった後はいつものように壮大な虚無感を抱えながら、一緒に歌い踊った大学の友達と飲みに行った。前途は多難だけど、こういう日があるから頑張れるということだな。


あ、みもりんのてへぺろ最高だったな…。

QMA扉・第12回全国大会

前回の全国大会では白金昇格という明確な目標があったけれど、今回はそういうさしたるものもなく、気軽に愉しんでいこうという感じで遊んだ。
もちろん、日頃の回収の成果が少しでも出れば良いなぁということは常に考えてはいるけれど。

最近では「あいまいに答えた問題を(正誤に関わらず)回収していこう」というように回収の方針を変えた(以前はよくわからない正答率の低い問題を中心に写真に収めていた)。
また、苦手分野に関して言えば、「正答率が低い(低そう)」かつ「興味が無い」問題というのはあえて回収しないことにした。1つはモチベーションの低下防止。もう1つは、自分の実力的・趣向的に考えて優先的に覚えていくべきものを覚えるため。といっても以前からそれはそうだったのだけれど、今回はそれをハッキリ念頭に置いて全国大会に臨んだ。


・最終結果

★20130622237

40000点を超えたのは自身初。
閉店まであと4クレできるかどうかといったところだったのでとても焦った。そして達成感もひとしおだった。
そしてつくづく、50000点を超えてる人がいかに凄いかということを身に沁みて感じたのだった…。


・ドロー

★20130614IMG_0075

ドローなんてあるのか、と感動して思わず撮ってしまった。
ちなみに点数が凄いことになっているけれどこれは結果発表時にグルグル回転しているだけです一応ね



・あかん図

☆蛙瞰図

「ちょうかん」(鳥瞰)図からの分岐。
もちろん蛙瞰図というものをしっていた訳では全く無い。単なる勘であった。
「蛙」を「ケイ」ではなく「ア」と音読みするのは「蛙鳴蝉噪」(あめいせんそう)という四字熟語で知っていたので、それから推量した。こんな推量はたいていの場合外れるけど、今回はうまくはまったパターン。


・サッカー回収の成果…

★20130619304

サッカーで単独正解できる日が来るとは。
ウルグアイの選手で言えばこのカバーニとフォルランさえ押さえておけば何とかなるかもしれない。
というかサッカーのニュースでも、ウルグアイが取りあげられる際はこの二人しか出てこないような?

もちろんこんなことばかりではなく、解けることより刺さることの方が多かった。これからも頑張っていこう。

・松屋のサイドメニュー

★20130622046

松屋には200回くらい通っているけれど、この問題には思わず爆笑してしまった。
前にも似たような問題があって、そのとき冷や奴が意外と高いということを知らず不正解。サイドメニューなんて頼んだことが一度も無かった。
今回は「みそ汁」という選択肢が付加されていてやたらとシュールさに磨きがかかっている。

冷や奴は100円、キムチは80円。
みそ汁はここでは、無料扱いなのか50円扱いなのか、どうだろう。どうでもいいけど


・アニメ&ゲームは相変わらずの鬼門っぷりだったが、どやれる問題もあって楽しかった。

★20130622141

なんかもう色々まじっちゃってる気がするね…。
一応答えは「陵南高校」。


★20130619047

70%超のアニゲ問をほいほい落としていくかと思えば、6%のアニタイ問を取る。
アニゲのタイピングは800問ほど回収したけれど、今振り返ればそれだけじゃ全然形にもならないのだなと実感する今日この頃である。
そもそも回収サイトにすら取りあげられないようなド易問も簡単に落とすので仕方ない。
そんな状況下で、今回の場合は少しだけ救われたような形になった。


★20130614IMG_0054

『3月のライオン』は1巻だけ持っている。続き早く読みたい。
漫画に興味があったからというよりも、将棋界に興味があったからわかったようなもので。


★20130622037

「irony」は俺妹1期。「reunion」は自信が無かったけど、確か2期をちらっと観たときにこんなタイトルの曲が流れていた、ような…。という感じで選択。
「ルミナス」は劇場版まどマギの主題歌。自分のiTunesで再生回数1位であるくらい好きな歌。


★20130622121

ふるでりか。可愛い。
(ひぐらし観たことないけど…)


・宇宙天文関連は、劣化が目立つ展開

★20130622108

答えは「マゼラン」。
というか宇宙天文が云々以前に、junoという名前的にどう考えたって木星探査機だろう。
リール見て惰性的に答えてしまったとはいえ、果たして集中してれば「マゼラン」を思い出せていたかというと、それはちょっと肯んぜざるものがあるかもしれない。


★20130622014

46の元素はパラジウム→「パラス」
トリトンの娘という選択肢にとらわれていた。でも最後まで見ても全く思い出せなかった。
せいぜいマケマケは違うということくらい…。



・文系・社会は相変わらず。
文系・社会ともに正解率は近似しているけれど、文系はほぼ受験時の知識をそのまま流用している(回収に頼ってない)のに対し、社会はほぼ完全に回収によって正解率を上げてきた分野。
日常を生きてきた中で自然に付いてきた知識と、純然たるQMA用の勉強によって人工的に付いてきた知識によって支えられている両分野。どちらも愛着が深い分野で、今回もこの2つを投げ分けていた。

文系では、3連続単独正解という我ながらニヤけてしまう出来事もあった。それだけでも驚くべきことだが、もっと驚くべきことに、その試合で僕はビリだった。


★20130622161

この紫式部の和歌問は10回くらい見てる(そしてその度に撮ってる)。コナミ的にもお気に入りなのだろうか。
「めぐりあひて」は友達に教えてもらって知った和歌だが、いつのまにか僕もこの和歌を大好きになっていた。
これは作者が久しく逢っていない女友達を偶然見かけたときの心情を詠ったものらしい(本人がそう記している)が、個人的にはそうではなく、異性のやんごとなき間柄にある/あった人との邂逅を詠んだ歌であると信じている。というより妄想している。

僕のハンドルネームの和歌問を見るのはいつになるやら。
なんとなく「みかきもり」は冷遇されている気がしないでもない?



★20130619272

自分以外は「秋篠」と答えていた。
秋篠宮は皇太子の弟にあたる皇族なのであって今上天皇の弟ではない、というのは分かっていても、だからといって正答を知っているわけではなかった。
常陸宮と高円宮(たかまどのみや)で迷い、結局あてずっぽうで。調べてみたら高円宮は今上天皇のイトコにあたる親王なのだそうだ。


★20130622072

三田文学。慶應大学の最寄り駅が三田駅(田町駅?)であることを知っていれば類推可能か…とはいえ、17%なのにほぼ全員正解。
もしかして「QMA好きの慶應大学生杯」みたいなイベントに巻き込まれてしまったのかと疑うくらいであった。
三田キャンパス内で一度夕飯を食べたことがあるけれど、さすがに雰囲気あってとても楽しかった。


★20130622032

一方で、これが全く思い出せなかったのは残念だった。
答えは「イクター」制。受験生のころであれば息を吐くように答えられた問題の1つだろう。
もちろんそれはともすれば喜ぶべきことなのだろうけど、ちょっと寂しい気もする。

さいきん

・iPhone5に機種変更した。
スマホとiPodが統合された感じになり、とても楽しい。
ちなみに真っ先にインストールしたのはインデックス(C.V.井口裕香)の目覚ましアプリだった。

・QMA全国大会。
とりあえず10クレやって、合計19000。爆死にも程があるだろう…
しかも文系学問が多い(気がした)のにこの様である。

・エヴァンゲリヲンウエハース。
5枚くらい買ったけどなんか全部シンジ君映ってる。

サッカーを

久々にQMAの話題をば。
僕はQMAでは左辺と右辺の格差が酷すぎて、右辺を伸ばすより左辺をなんとか形にする方が優先されるべき状況にあるのだと思う。

ここから数ヶ月間はサッカーを鍛えてみようと思っている。
スポーツは総合59程度あるのだが、野球:62、スポ他:67という正解率に比べ、サッカーは50。明らかにサッカーが足を引っ張っている。
サッカーは別に嫌いではないのだが、いかんせん「観てきた」期間が少なすぎる。

僕の周りの人々はサッカー好きな人も多いし、自分自身特にヨーロッパのサッカーが面白そうだなと思っているので、6月からはサッカーを伸ばしてみたい。

具体的にどうするか、といってもやることはいつも変わらない。
「分野そのものにも興味を持ち、かつ個々の問題を回収する(全体を知って個に対応すると同時に、個を集めることで全体を掴む)」。

①予習では常にサッカーを解きまくる。分かんないのは回収。
②すぽると!とやべっちFCを毎回必ず観る。
③近々始まる「国内サッカー検定」をひたすら回して、徹底的に基礎を鍛え上げる。

検定を回しまくってその分野に強くなるというのは、QMA8の宇宙天文検定→理系その他、で経験してきたことなので、今回も使えるかなと思う。
個人的には海外の方が興味あるけれど、それはしょうがない。

現時点でのサッカーの正解率は50.00%。ここからどこまで伸ばせるだろうか。

備屋珈琲店@恵比寿

高校時代の友達が遊びに来たので、恵比寿の備屋(びんや)珈琲店へ連れて行った。
鎌倉に遊びに行ったときにこの喫茶店の本店で珈琲を飲み、これがまぁ美味しかったのだが、都内では恵比寿にしか店舗が無く、今度は恵比寿店で飲みたいとかねがね考えていたのである。

ホットケーキと飲み物のセットは1050円。
20130608001.jpg

うまいんだなこれが。
恵比寿のゲーセンはQMAの予習が沢山できるシステムになっているので、休日はここでひとしきりQMAして、満足したらここでお茶でもしばくというのが優雅な過ごし方かもしれない。

20130608015.jpg


さて高校からの付き合いがある彼は、都内の大学院を受けるらしい。
彼が合格してこちらに引っ越してくるときに、僕が東京にいるかどうかはわからないけれど、またこんな風に遊べるといいなと思ったりした。



氷菓のウエハース

近所のスーパーでアイドルマスターのウエハースが売っていた。
バイトの帰りにそれらを3,4袋買って帰るのが密かな楽しみだったのだが、このほど店頭から姿を消してしまった。
おそらく買っていたのは僕くらいだったのだろう。

血涙を垂れ流すほど残念だったので、密林などを探してみると、氷菓のウエハースを発見。
これは買いだなと思い購入。

おそらく1種類しかない女帝こと入須先輩のカードを当てることが出来て良かった。
尤も全24種類で、僕が買ったのは20個セット(重複はなかった)だったので余程のことが無い限りは当たるけど。

ただ、残ったウエハースどうしようかね…。
と思いつつ今もモソモソと食しているなど。

今思えば、氷菓は本当に良いアニメだったなと思う。
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。