スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトの話

3月後半はバイト詰めだった。休みは1日しかなかった。
夏休みにも故あって急遽バイトがずっと続いているような日程があって、もちろんその時もキツかったのだけれど、今回はまた別種のキツさがあった。
夏休みが「キツい」なら、今月は「辛い」といった趣き。

理由は色々ある。

・それまでキッチンの主力だった人が卒業した為に、必然的に僕がキッチンを仕切る立場になったこと。そういう立場として上の人間から見られるということを意識しなければならなくなったこと。
・職位の昇格試験の対策をしなければならなかったこと。
・トレーニングの際、なかなか仕事を覚えてくれない新人に粘り強く教え諭していくことの、独特の辛さがあったこと。
・言いたくもないことを言わなければならない場合があったこと。そうして自分がどんどん嫌な奴になっていきそうな気がしたこと。
・3月という特殊な月は「理不尽な混み方」をすることが多く、したがって余計な仕事が増えてしまったこと。
・単純に休みが少なく、リセットするタイミングがはかれなかったこと。
・身体は疲れているはずなのに、全く寝付けなかったこと。バイト中は睡眠不足のためにバテバテ。


バイトが精神的に辛いと感じたのはいつ以来だったろう。
「俺働き過ぎやべー、でもそんな自分が好き」だとか「疲れるけど楽しい、飲食のバイト最高!」だとか、「俺がこの店を背負ってやる」だとか、そんなことを言いたいわけではない。ただ単純に辛かった。
そもそもたかがバイトのくせに、何で俺こんな偉そうなこと言ってるわけ?みたいな場面も多々あったり。

しかし得たものももちろんあった。トレーニングって結局は自分自身に最も資する作業なのかもしれないと思ったり、日程が詰まっている中でどのように気分転換(あるいは現実逃避)していくかということを考えたり、周辺事項に関する知識を多く身につけたりすることが出来た。
一番良かったのは、盛りつけに関して強い手応えを感じるようになったこと。まだ安定はしていないけれど、上手くいった時の盛りつけは誰に見せても上手いと言ってもらえる自信が生まれた。フロアの人がそう言ってくれたことも自分にとって追い風となった。

昨日は思いの外あっさりと昇格試験に通り(担当者が変わった為に昇格基準が全く異なったものとなっていた)、嬉しかった。これから頑張れよ、という意味合いの重圧がなかなか重いけれど、与えられた以上は精一杯その役を演じるだけ。

ともあれ今月は、不安を乗り越えればその後に必ず安心があるはずだと信じて日程を乗り切ることに専心していた。
実際にそれが正しいかどうかは、その場においては全く関係ない。信じるという行為そのものに意味があるのだ、と僕は思う。

そんな日常も今日と明日で終わり。

スポンサーサイト

白い金

QMA扉・第10回全国大会。
バイトがすし詰めという状況のなかで何とか時間を作って、やりこんできた。4日で84クレ(5600円)。
結果は36669ptで859位。プラメ獲得枚数は5枚。全然だったけど、解いてて楽しい問題が多かったので、精神衛生的に良かった。1度だけ賢将様にも勝つことが出来た。

そして白金になった。
色が格好いい。

Resized0324016.jpg

来期は階級リセットもないらしいので、ゆっくり宝石を目指すことになるだろう。
そこに至るまでの過程で、相応の実力を付けたいなぁ。

白い桜

2013年春場所。
春場所は荒れるというが、終わってみれば白鵬の24回目の優勝。
これは北の湖に並ぶ記録となった。充分大記録と呼べるものだが、白鵬ならもっともっと回数を積み重ねることが出来るだろう。

それよりもなによりも凄いのは、9回目の全勝での優勝である。
これは双葉山と大鵬という伝説といってもよい大横綱を抜いて単独トップとなる記録だ。
本当に、ここからどこまで行くのだろうか…。

今場所は白鵬-把瑠都戦と、白鵬-日馬富士戦が特に面白かった。
力のせめぎ合い、技術の結集、どれをとっても非の打ち所がなく、相撲の神髄がここに極まったと言っても大袈裟ではないだろう。

千秋楽後のインタビューでは白鵬が独自に主導して、亡き大鵬を偲んで黙祷するということもあり。力もさることながら、考えてることも全然違うんだなと感じた。


3月はバイトが詰まっていて、幕内上位の相撲すらおちおちリアルタイムで見ることが出来ず。
しかも13日目で優勝が決まってしまい、場所としては少し白けちゃったかなという気もしないではなかった。最後の最後に良い相撲が見られて、それは良かったけれども。



日馬富士。体調があまりよろしくなかったようで。
といっても、そういうのを全部圧倒的な集中力でカバーできるはずの力士なので、流石にこの結果は残念だった。
朝青龍と同じで彼もまた、ひたすら勝ち続けることで集中力を研ぎ澄ましていくタイプなのだろう。それが諸刃の刃と言えないでもない。そう考えてみれば、双葉山の記録を目前にして連勝が止まったにも関わらず、その場所で優勝した白鵬のメンタルって一体何なんだろう…。

稀勢の里。終わってみれば二桁勝利。
しかし終盤で星を落とすならまだしも、序盤で連敗はあまりにも残念すぎてやるせない。稀勢の里は色々とボロクソ言われるけど、やっぱり現大関陣の中では別格だと思っているだけにより一層そうなのだ。
とりこぼしさえ無ければ、…と、これ毎場所言っている気がする。
塩の投げ方も華があって好きだ。化ければ白鵬に並びうる力士となるだろう、そんな予感がもう何年もあるだけに、やはり他の力士以上に結果を求めたくなるのだ。

把瑠都。ケガが完全に治ったわけじゃないのだな、という印象だけど、それでも昔のような相撲が戻りつつある。
勝っても負けてもひたすら豪快な把瑠都はやっぱり好きな力士。怪我を治してさっさと大関に復帰してさっさと横綱に昇進して欲しい。

勢。やはり上位陣の壁は厚かった。コロコロ投げられちゃったね…。

雅山。ついに引退とのことで、非常に寂しい。親友・豊ノ島も寂しく思っていることだろう。
両国に今度行くときには、親方になった雅山を目にすることが出来るはずなので、それも楽しみにしていたい。



ならずもの

・将棋:羽生NHK杯選手権者vs.渡辺竜王の決勝戦。なんか力戦みたいだったようで。竜王がついに羽生三冠の怒濤の連勝を止め、優勝。試合前と後の、妙に緊張していた竜王が面白かった。

・競馬:阪神大賞典。初めて三連複が当たった。ラーメンが二杯食えるだけのお金が生まれた。

・相撲:日馬富士が3敗目。横綱として、この段階でのこの黒星は痛すぎる。
豊ノ島は完璧な相撲で金星を手中に収めた。日馬富士はこれで、いろんな方面から引退だのなんだの言われそうだ。
好調不調の波が激しいとの評を覆して欲しかったが…。
優勝争いはここにきて早くも決着したかも。阪神大賞典のゴールドシップよりも堅そうです。

・アニメ:ノスタルジアを感じられるアニメが見たいなぁと最近思う。

米粒の薬

東方projectは弾避けゲーである。
このゲームをプレイしている間は、ただ弾を避けることだけを考えている(考えなければならない)。
このゲームに埋没している間は、色んなことを忘れられる。
他のゲームと違ってSTGは一層「色んなことを忘れられる」率が高いのかも知れない。


風神録:Ex。レザマリのバグ(?)で遊んでいる。

永夜抄:Ex。フルスペカ目指してるけどまぁ無理。ただ、単純にクリアするだけなら紅の1000倍くらい楽。

紅魔郷:Ex。開幕で10連続くらいで死ぬこともしばしば。今日はQEDを避けられたけれど、基本的にはフランに会うことすら難しい。

天狗ドック

高尾山にオホモダチと登ってきた。
春休みだし、ということもあり、「自然」の空気を吸いたいということもあり、近くに住んでいるのだから1度くらいは登っておこうということもあり、登山を趣味にしたいなという思いも少しあって。

冬と春の境目みたいな気温で、服はどうしようか靴はどうしようか、いろいろ考えたが、迷ったところで選択肢が広いわけでもなかった。よっていつもの服装・いつもの靴・いつものバッグで行くことにした。
バッグにはガイドブックとしての『ヤマノススメ』と水、おにぎり、デジカメを入れておいた。


京王・高尾山口で降りて、少し歩くと登山口に。登りは1号路を選んだ。舗装されていて楽に登れる(はずだった)方の道である。
しかし歩いて5分も経たないうちに、思いの外キツイことに気付いた。高尾山とはいえやはり山は山だった。

005000004.jpg

008000007.jpg

展望台でしばし休憩。

しばらく頑張って歩いてたら団子屋が見えた。
高尾山に登るにあたり、たとえ頂上に到達出来なくとも、団子だけは絶対に食べて帰ると決めていたのだ。
団子は炭火の周りを囲うようにして配置された、土俵の縁のような藁に刺されて焼かれていた。
ひとしきり登ってきて疲れたところに、この団子の甘さは身に沁みた。それなりの達成感も相まってより一層美味しさを感じられたのかもしれない(まだ頂上についてないけど)。

そこから頂上までは、さっきまでとは違ってだいぶ楽になり、樹齢ウン百年の杉とか薬王院とか見ながらゴールすることができた。


014000013.jpg

頂上の食事処には『ヤマノススメ』のポスターが。
女の子だけのゆるふわアウトドア!という文句が今の僕達には虚しかった…。


頂上は陽気な雰囲気で暖かかったが、着いてからしばらくしたらもう汗が冷えて寒くなった。
下りは4号路→1号路→2号路→6号路(琵琶滝)というルートを選んだ。舗装が殆どされていない山道ルートである。

017000016.jpg

写真ではよく分からないが、下はなかなか絶壁である。滑落したら軽く死ねるだろう。

020000019.jpg

吊り橋。吊り橋を渡るのなんていつ以来だったろうか。

027000026.jpg

謎の祠。

025000024.jpg

琵琶滝。ここで滝に打たれて修行する人もいるらしい。


下りの山道はさすがにキツかった。足ガクガクだった。
こういう登山はいつ以来だろうか…中学生時代まで遡るだろうか。
当時は家族でよく登山をしたものだったが。

それにしても登山とは、今思うになんと自分好みの趣味だろう。

とても楽しかったので、つぎは御岳山か雲取山に登ってみたいと思う。

すもう

大関が不甲斐ないのではなくて、大関に勝った力士が強かったのだ。
つまりそれだけ大関以下の力士の実力が伯仲しているということなのだろう。

とはいえ、2日目で負けて早々と優勝争いの行方を絞ってしまうのは止めてほしかった。


白鵬は初日とは全く違う横綱相撲。誕生日だったからだろうか。
日馬富士も強い。

しかし今場所は花道の奥に見える元・高見盛の存在感が凄い、というのが一番強い印象。

海風の

久々に海など見に行こうと思って、葛西へ行ってきた。
圧迫感が強い東京都心部にあっても、川や海の近くはやはり開放感があるものだ。


080.jpg

087.jpg

090.jpg

083d.jpg


春の薄曇りの中、海風を浴びながらぼーっとしていたら、なんだか明日からも頑張れそうな気がした。

QMA日記 3月8日

図書館に本を返すついでに、QMAで遊んだ…というのは嘘でQMAで遊ぶついでに図書館に本を返しにいった。
しかし本アカ(みかきもり)のe-PASSを忘れるという失態。仕方がないのでサブアカ(ゆかちこまち)を育てることにした。

結果から言えば、5回のうち3度の決勝2位で、ドヤ問も多かった。普通なら満足行く結果だったであろう…のだが、実際の所まったく逆で、筐体の前でため息ばかりついていた。

なぜかというと、「答えはこれかこれのどちらか」という実質2択でほぼ全て落としたからである。

直感も信じられず、自分の勝負弱さを痛感した。肝心なところで直感を信じられないのは何故なのだろう。「勝ちたい」という気持ちが強いのか?自分ではそんなつもりは全くないのだが。
知識が全然足りてない状態では、直感に頼る場面が圧倒的に多い。だからこういう日もあるだろう。それを差し引いて考えても、ちょっと酷かった。


032.jpg

この漫画けっこう好きです(集めては無いけど)。
勝手な想像だけどこのタイトルは女体を表しているのだろう。すなわちWが胸で、xがへそ、Yが……。


070.jpg

さすがに正解率が低かった。大山札。

花曇り

・並木道を歩いていたら、枯れ木の向こうに桃色の叢雲がたなびいていて、それがちょうど桜のように見えてビックリした。非常に和歌的な光景だけど、これだけ和歌的だと誰かが先に詠んでいるかも。気温もこの頃はだいぶ高くなってきて、いっそう春めいてきた。

・誕生日は色々な人から祝っていただきました。ありがとうございます。
17時くらいまでは本当に今年は最低の誕生日だ、と思っていたけれど、終わってみれば実に思い出深い誕生日に。いろんな悩み事が吹き飛んだような気がします。
プレゼントの一つに「QMA賢者の扉サウンドトラック」をいただきました。iTunesで買おうと思っていたけれど無かった、という折にこの贈り物は驚きました。正直、センスの高さにびびった。
これを聴いていると、QMA欲がウズウズと…。

・将棋の話題。名人挑戦は羽生三冠に決定。12年連続だったか、そのくらい名人位は羽生か森内か、という状況が続いている。どちらも好きな棋士なので一層楽しみ。
順位戦では、個人的にはハッシーに頑張って欲しかった。
王将位は渡辺竜王が奪取。本格的な2強時代が到来しそう。
ところで、NHK杯決勝戦のネタバレを見てしまって非常に残念。2ちゃんねるの将棋板にネタバレが転がっているのは知っていたので、それを避けて将棋板のまとめブログだけ見ていたというのに…。

・バイト先では、今年卒業を迎える5人が辞めていった。新しい人もたくさん入ってきて、世代の移り変わりを感じる。みながみな大きな感慨を抱いて卒業していくのを見ると、自身もいずれこういう日が来るのだろうなぁと漠然とした思いにかられる。
やはり人間関係が最高に良くて。僕自身ここまで頑張って来られて良かったなと思うし、あと2年ほど頑張りたいなと思う。

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。