スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QMAの話

QMAについて色々考えてきたけど、最近だんだんと「こうではないだろうか?」というのがわかり始めてきた気がするので、メモがてら書いてみたい。


1.有機的知識と無機的知識

純粋に「問題を答える」だけのゲームとしてQMAを捉えた場合、QMAにおいて、有機的知識は才能そのものであり、無機的知識は努力の賜物だといえる。
有機的知識とは、たとえば「長年の相撲ファンの中に培われてきた相撲の知識、のような知識」であり、無機的知識とは、たとえば「非相撲ファンによる歴代横綱の丸暗記のような知識」である。

知識は連携してこそ意味をもつという立場に立つならば、前者は知識そのものであり、後者は知識の外郭と呼べ得る。

語釈から両者の定義を説明するならば、前者は生物の身体のごとく、ある要素が他の要素と密接に関わり合って成立している知識であり、後者はそうではない。ある要素が他の要素と関わりを生み出し、それ自身が動き出すような一種の「うねり」を持たない。

問題を解くという観点から両者を定義するならば、前者は問題を解くことを初めから意図していない知識であり、すなわち知的好奇心のなすがままに、好き勝手に育った強固な知識である。
その知識によって問題を解くという行為はあくまで副次的である。しかし、その知識は問題を解く際に猛烈な力を持っている。
後者は、その存在意義が問題を解くことによってしか発揮されない類の知識である。そこに、知識そのものに対する興味は最初は内蔵されていない。しかし、有機的知識では殆ど不可能といっても良い、細かな知識にたいしてフォローが利く。

初見の問題を解けるという観点から両者を定義するならば、前者はアドリブが利く知識で、後者はアドリブが利かない(非常に利きにくい)知識である。

QMAというゲームにおいては、有機的知識と無機的知識とは明確に峻別される(そして多くのプレイヤーにとっては、QMAは有機的知識だけを問うてくるゲームである)。



それを踏まえて、QMA世界で強くなっていくためには、どうすればよいのだろうか。
考えられる方策は2つ。

①有機的知識を増やす
それはすなわち、「苦手分野に興味を持つ」ということと全く同義である。

②無機的知識を増やす
回収を繰り返し、徹底した管理下のもとで暗記を丁寧に繰り返すことで、知識の外郭を増やす。



2.有機的知識と無機的知識との関連

上のような区分は半分正しくて、半分正しくない。
生物体がそうであるのと同様、無機物を全く欠いた有機体系など存在しない。
世界史の個々の事項(無機的知識)を積み立て、暗記することなしに、世界史の有機的なうねりを実感することは不可能である。

同時に、有機性を欠いた純粋なる無機的知識は存在しない。どんなに細かくマイナーな知識であっても、そこには必ず、他の知識と関わり合いを持つ可能性、すなわち有機性が内包されているからだ。

とすれば、「有機的」「無機的」というのは、その知識事項の特性ではなく、あくまでその知識をとりまく興味、知的好奇心というものから定められるということになるだろうか。


地球上に存在するどんな知識収集形式にも共通するように、有機的勉強と無機的勉強は、先後の差異こそあっても、どちらも欠かすべからざるものである。
端的に言えば、暗記のない勉強では知識は育たないし、理屈のない勉強でも知識は意味を持たない。
無機的知識は有機的知識を育て、有機的知識は無機的知識を育てる。(ゆえに、「頭の良さ」の個々の要素として語られやすい記憶力だとか創造力だとか頭の回転の速さだとかは、最終的には全部繋がっている)
才能は努力をサポートし、努力は才能を開花させる。



3.「うろ覚え領域」

QMAで強い人というのは、うろ覚えな知識の曖昧な輪郭をたくさん持っているのだと思う。
だから「何となく」正解を導き出せてしまう。
もちろんそれは問題形式によるところが大きい。タイピング問題で「何となく」正解を導くのはなかなか難しいし(皆無とは言わない)、○×問題は「何となく」が通用しやすい形式だろうと思う。

その「うろ覚え領域」を広げるにはどうしたらよいのだろう。無機的勉強?有機的勉強?どっちも必要ということだろう。



スポンサーサイト

犬の話

帰京してから20日が過ぎた。
僕は実家の犬の写真を寄り集めたフォルダを作り、時折それを眺めることがある。
バイトに入る前とか、寝る前とか、ネットが通わない地下鉄に乗っているときとか、そういう時によくそれをする。

今日も何の気なしに、いぬの写真を見ていたのだが、そのときとある講義の話を思い出した。
「犬の向こうには、膨大な無意識の世界がある」というものだ。

何の事やらさっぱりだったのだが、今日なぜかそれがふいに実感させられたのである。

それは僕が今、家族(というより父母)と諍いを抱えているからそう思ったのだ、ということについては確信している。

…しかしうまく説明できない。東西線の中で、たしかに利発な犬の目と家族のこととが、ハッとするほど結びついたのだけれど。


2013年初場所

大相撲初場所。
新年の場所というのはいつ見てもどことなく新鮮で慶賀な雰囲気が漂っていて良い。

今場所を特徴づける結果・出来事としては、

・日馬富士の全勝での5回目となる優勝
・高見盛の引退
・把瑠都の大関復帰ならず
・場所中の大鵬逝去

が、上げられる。

さて、僕は東京に居ながら2場所も3場所も観戦をすっぽかしていたので、今場所こそは両国国技館に観戦に行こうと思っていた。
そしてどうせ行くなら、千秋楽を見に行こうと思ったのである。

発売日初日にチケットを買ったので、千秋楽のチケットは案外余裕をもって取ることが出来た。
あとは千秋楽まで優勝争いが続くことだけを望んだ。

結果は周知の通りである。14日目に優勝が決まってしまった。
日馬富士も別に嫌いではない。というより好きな力士である。しかし、やはり僕は白鵬に優勝して欲しかった。千秋楽に白鵬の優勝インタビューを聴いてみたかったのである。


今場所の現地観戦については反省点しかない。

・2階A席ではなくB席を買ったことで、結果的に観戦に著しく悪影響があった(後述)
・番付表が売り切れていて買えなかった
・う○こ離脱のため2番ほど楽しみにしていた取組を見逃す

イスA席とイスB席では3300円もの差がある。
しかしA席とB席とでは、「国技館一体となって楽しんでいる」という実感がまるで違うのだ。
B席には飲み物を置く場所もなく、通路を通る人間に視界を阻まれるという弊害もある。
ちなみにC席は論外である。「相撲に興味が格段あるわけじゃないけど、国技館の雰囲気だけでも味わおうかな」くらいのスタンスの人が座るべき席である。それでも3600円するけどね。

特に僕にわりふられた席は、2階入り口のすぐ脇だった。
そのポジションは、館内に入ってきた人が席を探して立ち止まりやすいところであった。
僕の視界はそのたびに大きく遮られることとなり、これが甚大なストレスを引き起こした。
とくに取組中にそれをされるとたまったものではない。幕下の取組だって熱心に見てる人がいるんですよ!

011.jpg


やはり千秋楽という状況では、そこは金をケチらずにA席を取っておけばよかったと反省。



ここで当日の流れを(反省も込めて)書いてみたい。

14時頃国技館に到着。最初は幕内力士の入り待ちをすることにした。
(振り返ってみるに、これが一番楽しかったかも知れない)

のぼりが色鮮やかで綺麗だった。
永谷園仕様の高見盛ののぼりをみて、「多分こうして高見盛ののぼりがあがるのはこれが最後なんだろう」と思った。現にその通りになった。

nobori


「白鵬はもう来たんですか?」という言葉が耳に入る。白鵬とか日馬富士とか、横綱・大関は地下の専用駐車場から出入りするからここで待ってても一生来ない。
「チケットってまだありますか?」という質問も聞こえてきた。千秋楽なめてるだろ…

そんななかで、最初に見たのは勢(いきおい)。勢はとても好きだ。仕草に好感が持てるし、相撲っぷりも良い。
入り待ちの客にぺこりと頭を下げて、館内に入っていった。
途中でおりんぴっくおじさんにも遭遇。写真撮ってもらってた。撮ってもらうときに「はっぴーーーーー!」って絶叫していた。そこらへんの力士と変わらないくらいの人気だった。

カッコイイ!と思ったのは境川軍団の入りである。
豪栄道、妙義龍、豊響、佐田の富士という4人の幕内力士(同一部屋に4人も幕内力士がいるって相当すごい)が一斉に車から降りてきた。
実に風格があって痺れた。まさに境川軍団って感じ。

最後に見たのは把瑠都だった。やはりデカイし、オーラが違うと思った。全然違った。


004a.jpg

把瑠都が入るのを見て、チケットをもって館内へ。
春日野親方(元関脇・栃乃和歌)にもぎってもらった。往年の力士がもぎり役をやっているというのも、国技館観戦における魅力の1つであろう。

僕の席は先述の通りゴミみたいな席であった。
早大出身の皇風(きみかぜ)の取組から見始めた。
高見盛の、結果として現役時代最後の相撲も見ることが出来た。
高見盛は僕がプライベートで見かけたことがある唯一の力士である。サインをねだったが強く断られた。それはそうである。だが怖かった。身体も間近で見たら本当に大きくて、力士というのは実に怖い存在であるなんてことを感じた。そういう意味でも思い出深い力士である。


010.jpg

貴ノ岩・常幸龍という2人の十両力士の取組を前に、ついに腹痛が限界を迎え、トイレに駆け込む。
貴ノ岩はモンゴル出身の力士で、貴乃花部屋初の関取である。
常幸龍は、初土俵からの連勝記録保持者。日本人で一番期待できる力士なのでは、と僕は思う。

結果は貴ノ岩が勝ち、常幸龍が負け。貴ノ岩が十両優勝を果たした。


見応えがある相撲がたくさんありながら、場所としての盛り上がりにはどこか欠けていた…。そういうことを感じるのは、あるいは僕だけなのかも知れないが。

ともあれ千秋楽というのは、他の日にはないイベントで目白押しである。
協会挨拶、(もしあれば)優勝決定戦、三役そろい踏み、表彰式…。
館内の雰囲気も違う。力士にはどこか、一仕事終えたという安堵が溢れているような気がする。それがどことなく憂いを帯びた華やかさを湛えていて、千秋楽という最終日を一層特徴付けているのだ(暗黒微笑

把瑠都・勢戦は物言いが付いた。
まぁ、あれは、帰ってダイジェストを見返したけれども、うーん、やっぱり、あれは勢が勝ってた・・・でしょうな。ともあれ把瑠都はこれに負ければ負け越しで三役にすら残れなかっただろう。
確かに勢の体も死に体と言えないことは無かったと思う余地もないではなかった気がしないでもないので、取り直しもやむなしだったのかもしれない。
何が言いたいかというと、生で物言いを見ることが出来て良かったということだ。
取り直しの結果は、把瑠都が勝利。早くけがを治して、大関復帰といわず横綱昇進に向かっていって欲しい。

結びの一番。日馬富士の完勝。
しかし僕に感慨を与えしめたものは、勝者・日馬富士よりも、敗者・白鵬の姿だった。
最後の最後に頂点に君臨するものとして登場し、全勝優勝を日馬富士に達成させるがためだけに土俵に上がったような(それは決して八百長とか手を抜いたとかそういうことを意味しているのではないが、うまく言えない)、そして敗れてさっと去っていった白鵬の姿を見ると、やはり僕はこの力士が好きなんだとつくづく思った。

028.jpg


表彰式で君が代斉唱が終わった後、賜杯の拝戴、次いで内閣総理大臣賞の授賞式が執り行われた。
この場所は総選挙後はじめての東京場所ということもあって、安倍晋三本人が来るのではないかと思ったが、果たしてその通りであった。ちなみに都知事も来ていた。いつもは官房長官とか、代理人が総理大臣賞授与式に参加するので、そういう意味ではレアな光景だった。

033.jpg


そのあとも30分以上も続いたと思しき各賞授与式が終わり、前相撲を終えて番付表に名前が載る力士の手打式が行われた。
願わくばこの中から未来の横綱があれかし、そう思いながら見ていた。

最後の神送りの儀式が終わってから、別に興味は無かったけれどせっかくだし優勝パレードでも見ようかと思い、正面玄関脇で待機。
旗手は安美錦。日馬富士の嬉しそうな笑顔が印象的だった。

045.jpg



反省というか後悔というか、そういう感情はあるけれど、ともかくこれで5月場所千秋楽を見に行く理由が出来たのだ。そう前向きに捉えることにしたい。
今度はちゃんとイスA席を買おう。

ちなみに国技館のソフトクリームはすごく美味しかった。


QMA全国大会8

たくさんの挑戦の末ついにプラチナメダルを手に入れた。
うれしーーーーーーー


清朝最後の皇帝、溥儀が死ぬ直前に食べたいと言ったのはチキンラーメンである→○

大鵬逝去

第48代横綱・大鵬が、19日に亡くなった。
友達と飲みにいく途中、山手線のニュースでこの訃報を目にしたときは、思わず声が出てしまった。

大鵬という横綱は、大横綱の中の大横綱ともいうべき存在であった。
大鵬が立てた記録は、最高優勝32回を筆頭に、2度の6場所連続優勝、幕内昇進から一年での優勝、幕内昇進から引退までの各年での最低1回の優勝、21歳3ヶ月という横綱昇進最年少記録(当時。現在は北の湖に次いで2位)…などなど、挙げていけばキリがない。それくらい凄い横綱だったのである。

二所ノ関部屋の消滅という報せに際して、大鵬の談話が寄せられていた。
それがたった何日か前のことであった。


数々の金字塔を打ち立てた伝説的な横綱がついに逝ってしまい、相撲界のひとつの歴史が終わってしまったという感が拭えない。
何十年も前の横綱である。祖母の口からその強さを聴くのみであったが、それでもやはり、ただただ寂しい。

100円玉貯金

'12年7月5日~'13年1月17日。


DSC_0089.jpg

DSC_0091.jpg

DSC_0093.jpg


ニア ゲーセン

『伊豆の踊子』でさよならも言えなかったのは

川端康成の『伊豆の踊子』といえば、説明不要の名作である。
僕が『伊豆の踊子』を最初に読んだのは中学生の頃だったか高校生だったか…。文庫版で40ページ程度だし、ひとしきり読めばすぐに読み終わることが出来て手軽なうえ、内容も甘酸っぱくて良いし、描写されている情景も綺麗で。
今回読むのは3,4回目だろうか。

今読んでみたら読んでみたで、同じ作家の小説『雪国』には何枚か劣るような気がするとはいえ、やはり面白い。
色々考えさせられたり、疑問に思ったりした箇所も多いのだが、ただこの小説に限って言えば、何も考えずに「ああ、こういうのって良いなぁ」と感じながら読み進めるのが正しい読み方なのだろう。

この小説一番のクライマックスは「私」と踊子(薫ちゃん)との別れのシーンである。
旅費がなくなった主人公は、学校があると嘘をついて、旅芸人一家の水子の法事にも出ずに帰ることにした(こう書くと酷い)。踊子を映画に連れて行こうと約束していたのに、踊子の母親が何故か(何故なのだろう?)反対して、結局それも果たせず。
「いい人」である主人公と別れるのもイヤで、映画にも連れてってもらえなかったまだ幼い踊子は、やはりいじけちゃって素直に「私」にさよならと言えないわけで。
で、そうこうしているうちに船が来てしまった。

ここから引用。

はしけはひどく揺れた。踊子はやはり脣(くちびる)をきっと閉じたまま一方を見つめていた。私が縄梯子に捉まろうとして振り返った時、さよならを言おうとしたが、それも止して、もう一ぺんただうなずいて見せた。はしけが帰ってきた。



ぼくは長年、「さよならを言おうとした」のは主人公たる「私」だと思っていた。
しかし今読んでみるに、さよならを言おうとしたのに言えなかったのはやっぱり踊子であるという結論に至ることになった。

その決め手となったのは、「もう一ぺんただうなずいて見せた」という箇所。
この十何行か前に、「私はいろいろ話しかけて見たが、(中略)私の言葉が終らない先き終らない先きに、何度となくこくりこくりうなずいて見せるだけだった。」とある。一方、「私」は1回もうなずいてない。

件の文は、主語「私が」で始まっている上、「『言おうとした』が、それも『止して』」と、いかにも主人公が動作の主体となっているような書き方がなされている。
やっぱり、ここを普通に読んでしまったら、普通に「主人公は踊子にさよならが言えなかったんだなぁ」と解釈してしまうと思う。
もちろん、文脈上ここでさよならが言いたいのに言えないのはどう考えても踊子のはずである。注意力のある読者ならすぐに気づけたのかもしれない。僕はそれに気づくのに何年もかかってしまった。


文法的にいうならば、前文「踊子はやはり~」の主語・踊子を後文に引き摺っている、と見るべきだろう。
「踊子は一方を見つめていて、〈私が振り返ったとき〉さよならを言おうとしたけどやめた。」という風に。


しかし、しかしながら、やっぱりこれで主語が明瞭だとは申せまい。
僕としては、どうも川端康成の仕掛けがここに仕組まれているんじゃないかという気がしてならないのだ。
『伊豆の踊子』全文を通じて、主語が「ん?」となる箇所はここくらいのものである。つまり、他の箇所では常に明確に提示されていた主語が、ここだけよくわからない。ひとしきりの解釈の時間を要する。
やっぱりそれは、この一番大事なクライマックスシーンで、読者の注意を引きつけるために、あえてあいまいにしたのではないだろうか。
そんな妄想が許されても良いはずだ。

もちろん、「私が縄梯子に捉まろうとして振り返った時、踊子はさよならを言おうとしたが、…」と書いてしまうと、少しくどいかな、というのも作者自身にあったのかもしれない。


ところで、旅芸人の女たちは朝の別れの際、夜更かしして起きられないからという理由で「私」に挨拶に来なかったわけだが、踊子ただ一人だけが、船を見送りに来たのだ。
「昨夜のままの化粧」とあるので、寝てなかったのかもしれない。そう考えるとやっぱり、踊子は本当に「私」と別れたくなかったんだなぁ。



わが衣手に

関東地方の平野部でも降雪。
新成人の人はさぞや大変だったことでしょう。

DSC_0064.jpg

重みで枝がポキリと。

DSC_0066.jpg

DSC_0065.jpg

今日街で会った変な人

お題提供:blue_stay様


バイト先から家に帰る途中、交番を横切って帰るのだが、今日も今日とてバイトを終えて心地よい疲労の余韻を感じつつ家路を急いでいた最中、交番で一人の男が大声を出していた。
見ると2,3人の警官に対して、飲んだくれて今にも人事不省になりそうな男が何事かをまくし立てている。歳は50代~60代といったところだろうか。縁の厚い眼鏡を掛けている。
おそらく酔っぱらってふらふらしているところを職質か何かで捕まって、抵抗したので署まで連れてこられ、「家に帰せ」とでも言っているのだろう。
私は「いるよなぁ、こんな風にして公権力に吠え楯突いて、弱気なのを隠そうとする奴…」と思いながら、彼をまた一瞥して、歩き出した。
街は成人式を前にして、少し浮かれている。

(そして私は思った。これは別に変な人でも何でもなく、ただの「どこにでもいる」酔っぱらいだと。)

浜によるなみ

帰京。

ところで鹿児島にいる間、中学生の弟と色々な話をした。
弟はたくさん友達をつくって楽しい学校生活を送っているらしい。

そんな学校での愉快な話を聴いていたとき、ふと弟が、
「中学校に出来た友達って卒業した後も仲良くできるのかな?」と訊いてきた。

僕はそれに対してあいまいに答えたけれど、そのとき僕は自分の弟が大人に限りなく近づいているような、不思議な感覚を覚えたのだった。


そして今日。羽田から直接大学に行き、発表を終えた直後に、
「今夜暇?暇なら飯でも食べに行こう」というメールを受信した。

メールを送ってきたのは、たった一人の、中学生時代から今まで仲良くしている友達であった。

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。