スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柄にもなく「生き方」について考えてみる

「自分の思うままに生きる」
これは、万人が万人の生き方を語る上で必ず理想像として挙げられる生き方であろう。
「現実」に漸近して生きていくという、どんな人間もそれを「強いられる」運命にある生き方すら、思うままに生きるという理想的生き方のアンチテーゼ的位置づけ方をされているように思われる。

人間はみな思うままに生きることが出来ない。
これは人間であるが故の宿命であり、人間であり続けるために支払わなければならない代償なのである。
これもまた、永遠の理想(現実になり得ない)という点で、絶望の一つの形である。

しかしながら、思うままに生きること=人間をやめること、という図式が成り立っているのであれば、それは絶望でありながらにして救いでもあるだろう。
なぜならば、思うままに生きることは絶対的な苦痛だからである。


さて、思うままに生きるということと、人間関係を維持発展させるということとは、両立しうるだろうか。
それが可能か否かはさておき、この問いを考えることで見えてくるのは、結局「生きる」ということは自分だけの行動ではないということである。
それは一つの社会的営みである。
生きるということは、私という主体が主導権を握っている行為であると同時に、人間という枠組みの中における行為でもある。
ということはつまり、人生というものは自分だけのものではないということである。
自分に完全に属していると思われていた「わたしの人生」というものは、実は他者の所有物でもあるのだ。
(ちなみに自分の人生は自分のものだ、という考え方はそもそも近代的な価値観の一つにすぎない。)

ここにこそ、思うままに生きることがなぜ不可能なのか、またはなぜ絶対的に苦痛なのか、の根拠がある。
(自分こそが)思うままに生きるということは、自分にとってもっとも身近な社会形態――すなわち「人間関係」に対しての反逆だからである。
生きるということは社会的営みである。人生は他者との共有物である。
この定義から鑑みてみれば、人間は決して自分だけの意志で生きるようには出来ていない。人間というものはそういうつくりになっているのだ。

不可能であるはずの「思うままに生きる」ということをもし可能にするならば、全ての人間関係を粛正するしかない。
しかし広い意味での人間関係を全て清算することは、これまた不可能である。
ものを食べるにも、眠るにも、そこには人間関係が関わっているからである。
むしろもっと深く考えるならば(キルケゴール的に言うならば)、そこには「自分と自己自身」という人間関係があるとも言えるだろう。

思うままに生きるには、人間関係を粛正するしかない。
人間関係を粛正するには、死しかない。
つまり、思うままに生きるには、死ぬしかない。
思うままに生きること=人間をやめる、という図式は確かに成り立つ。


***

好きなことをやる上で、人間関係上の犠牲はつきものだ。
身近な例で言えば、「私には言いたいことがある。でもそれを言うと誰かとの縁が切れてしまう」というのもある。
好きなことをするには、常にこの手のリスクはついて回るのだ。それを心得ておく必要があると、僕は思う。というよりそんなの当たり前だろう。

自分が自分である以上、誰かとの関係が破綻する時の痛みというのは、我々が人間として生まれ落ちた時にプログラムされた代償なのだ。
だからそれは仕方のないこととして受け入れていくしかない。
もちろんそれは痛いことだし、辛いことだし、おそらくこれからもその痛みに慣れることは出来ないであろう。

でもそれが痛かったからといって、「なぜ僕のことが嫌いになったの?」などという問いは、絶対に発してはならない。


スポンサーサイト

白銀賢者

DSC_0216.jpg

もう満足。

冬の秋葉原

久しぶりに秋葉原に行ってきた。
とても久しぶりである。

DSC_0219.jpg


万世という肉屋でかつサンドを買って、電気街口で友達と食べた。
「孤独のグルメ」という漫画に出てくる食べ物である。

しかし秋葉原と言えばアニメイトしか使わない自分にとって、今回はまたこの街の良さを再発見したような感じであった。
なんというか、一歩離れたところからこの街を眺めることができた。
まだ鹿児島に住んでいたときに持っていた、都会に対するあこがれを想い出しながら


DSC_0221.jpg

神田川・御茶ノ水駅。
丸ノ内線の列車が川を渡るとき、列車の姿が川に反射されて綺麗だった。

11月は、色々なことがオートマティックになって来たのか、存外早く過ぎていった。

もうすぐ年末ですねぇ。

チャリ回収

撤去されたチャリを回収しに行ってきた。

バスを使うことも出来たが、いかんせん高いので歩いて行くことにした。
小春日和の東京を、木漏れ日の中音楽を聴きながら歩くのも良いだろう。そう思った。

保管所までは思ったよりも早く着くことができた。
もしここに自転車がなければそれはすなわち自転車が盗難されたことを意味する。
しかしそんな心配をする間もなく、僕は自分の自転車を一発で発見することが出来た。

3000円というあまりにも痛すぎる出費と共に、自転車は我が手に帰した。
ゆっくりと自転車をこぎ出す。こんなにもペダルは軽い物だったかと思う。

僕は歩いてきた道を、今度は自転車をこいで帰った。

走ること

夜の街を走ること。
それについて、自分の中ではさまざまな意味づけがなされている。

しかしながら、本当はそのどれもが実のところ「なぜ自分は走るのか?」についての答えとなってはいない。
その答えが、それら意味づけの複合体である、というわけでもない。

なぜ走るのか?結論を言ってしまえば、走りたいから走っているのだ。

それを踏まえた上で、自分が走ることについてどういう意味を見出しているかをメモがてら書いていきたい。



走り始めたいと思ったきっかけは「やせたい」というのがあったからである。
長い浪人生生活の中で体重が人生史上最高値(68kg)となってしまい、いくらなんでもこれは運動しないとヤバイと思ったからである。
「やせるため・体重を落とすため」、これが走るということについての基本となる意味である。
それは自分に限らず、そこそこ走る習慣を持っている人にとっては緩やかに共有されているものだろう、と思う。


しかし、こういったいわば「ダイエット」において最も大事なことは、実は体重を落とすことではない。
体重は優良な指標ではあるが、それ自体を目標にすることは、本当のところはあまりよろしくない。
なぜなら体重は直前に食べた食事量、宿便・尿の量、時間帯、直前に汗をかいたかどうか…など、あらゆる要素で結構な振れ幅で変化してしまうからだ。
体感的には3kgほどは軽く変動する気がする。

「ダイエット」で一番大事なことは「見た目」、これに尽きる。
走ることも、食事をこころもち制限することも、筋トレをして基礎代謝量を増やすのも、全ては見た目のためである。

お金が無くて食事を控えるというのはまことに残念な行為だが、自身の見た目の為に食事を控えるとなると何故か途端にそれが崇高な行為であるかのように見える(気がする)。

自分がファッションにこだわらないのは、別に興味がないからではない。
もちろんお金がないというのもあるが、いい服を着るならまずは中身を鍛えてからだろうという思いがあるからだ。
やせてる人はこんな手順を踏む必要はないけど、デブがファッションに拘っても正直仕方ない気がする。

もちろんファッションというのは、基本的には自分が楽しむためのものであるべきだ。
なので肥満体の人間がファッションを楽しもうと、それは何ら悪いことではない。
しかしこと自分自身は、デブでありたくはないと思っている。


話が見えなくなってしまったが、「経済的であるから」…これも走ることの大きな意味である。
走る人間はタバコなんて吸わないし、食費も浮かすことができる。
上手く言えないけれど、走ることによって出費を我慢するということが快感になる…といえば、大げさだろうか。


僕が走るときは殆どの場合、音楽を聴いている。
以前はネットにより依存していたので、"一人"になる時間が今より必要だった。
(おかしな話だ、ネットをしているときにも一人である筈なのにね)
走っているときには誰にも邪魔なんてされない。されようがない。


走るという習慣を続けることによって、何かしらの芯を自分の中に作りたい、というのもある。
この場合「続けること」に主眼が置かれているので、別に走ることじゃなくても良いのだが。


そして、新生活が始まるにあたり、バイトも大学もこなすとなると当然体力が必要になってくる。
その体力の養成としても、走ることは役立ってきた。
もちろんバイトや大学で求められる体力と、走ることで得られる体力がイコールであるとは限らない。でも絶対的体力が無いよりはマシだろうと思う。



ざっと挙げてみてこんな感じである。

最近、といっても1ヶ月以上前だが、少し無理をした所為で(月単位のブランクの後でなぜか唐突に10km走った)左膝を痛めてしまった。

無理をしてしまったのはもちろん東京マラソンが迫っていたからである。
結局選考からは外れてしまったが。

痛めてからの数日間は、チャリをこぐにも駅の階段を上り下りするにも膝がでかいペンチでひねられるような痛みを覚えていたものだが、それでも時を経るにつれてなんとか痛みは消えていった。
今では日常生活レベルでは膝は痛まなくなった。

しかし今でも、少し走ると痛くなってしまう。
昨日は調子が良かった方だが、それでもいつもの短いコース(4km弱)を一周することすらままらなかった。
途中までは良かっただけに一層残念だ。
11月に入ってから、歩かずに一周できた日は1日しかない。

自分でいうのもなんだけど、運動神経は悪い方である。
だからこそそれを筋力と体力で補いたいという思いもある。
そんな人間がいっちょまえに膝を痛めたなど、我ながら可笑しいのだが痛いものは痛い。

実は最近スクワットのせいか右膝まで痛い。
もっともこの痛みとは、高校生で空手をやっていた頃からの付き合いである。
走ると左膝が、スクワットをすると右膝が痛くなるというのは、やはり姿勢が悪いのだろうな。


ともあれかれこれ2ヶ月もの間、存分に走ることが出来ていない。
それがなんというか、地味に辛い。

ネッスンドルマ

日頃から空気の読めない発言をしたり、無意識に人を傷つけるような言動をする人がいたとしよう。
そういう人がなんだかんだで「根は良いやつだ」と思わせる余地があるのは、決して人間関係を一言で崩壊させるような、いわば「一線を越えた」発言をしないと思われているからである。

とはいいながら、実のところそういう「一線を越えた」発言をする人間というのは、得てして日頃から場の雰囲気を解せなかったり、自覚なしに他人を刺すようなことを言う人間である。


こいつは空気が読めないけど根は良いやつに違いない、などと思ってはいけない。
そういう輩はいつか必ず、越えてはならない線を越えたことを言ってくるから。

その手の人々を目くじら立てて嫌う必要はないけど、距離をとっておくに越したことはない。
親と子、先生と生徒、上司と部下のような、距離を置きづらい関係でも無い限りは。

ゆとり

ゆとりゆとればゆとるときー






疲れた…

今月の目標

①先手をとる

後手に回らない。面倒くさがらない。未来の自分に責任を押しつけない。
当面の仕事や雑事は極力速攻で片付けること。
そして、常に先を読んであらかじめ施策を打ち出しておくこと。
(厳密にはこの二つは違っているが)
結局そうすることが一番楽なのだ。

ここでは関係ないが、先を読むことが常に最良であるというわけではない。


②物を無くさない

物を探す時間は最強に無駄。
しかし本当に無くす、というより失ってしまう。悪い癖だ。まさに小学生レベル


③睡眠を充分にとること

集中力の根源は基本的には2つ、十分な睡眠とバランスのとれた食事である(勝手な自分の持論だが)。
睡眠を充分にとるには、宿題を終わらせておくことが必要であり、その為には早めに宿題を終わらせておくことが必要となる。つまり①とリンクしている。

La vita è che bella!

この間、ついにTSUTAYAのカードを作った。
記念すべき初借り映画は「ライフイズビューティフル」という映画である。
イタリアで10年以上前に作られたもので、確かアカデミー賞も受賞していたはずだ。

これは第二次世界大戦時代のイタリアを舞台としている。
とてつもなくざっくばらんに言ってしまえば、男と女が出会い結婚し子供が生まれるが、その男がユダヤ人であったために家族が強制収容されてしまい…という話である。

基本的には家族愛をテーマにした作品と言えるかもしれない。
反戦映画とも言えるし、差別をテーマにしているとも言えるし、ラブストーリーとも言えるし、ハートフルコメディとも言える。
要するに様々な要素を内包しているということだ。
(だからといってこの作品がコメディの範疇にあるのは納得がいかないがなぁ…それでこの作品を探すのにも結構苦労した)

人生でこれを観たのは3度目だがやはり良い映画だと思った。
しかし、もっともっと感情移入できそうなのにそれが今回も出来なかったのは、やはり自分に子供がいないからかもしれない。
僕が思ったり感じたりする以上に、この映画は素晴らしいはずなのだ。


自身が年をとるとともに、その物語の内容をどう感じるかは変化していく。
ゆえに、とある作品と出会うタイミングというのはものすごく重要である。
もちろん、そのタイミングが早すぎたり遅すぎたりしたときに感じたこともまた、ちょうどいいタイミングで出会ったときに感じたことに劣らぬほど大事なものだと思うけれども。


別に映画鑑賞を趣味に昇華しようと思っているわけでもなく、単なる気分転換として映画を定期的に観たいと思っているのだが、いかんせん借りるお金がない。

「フォレスト・ガンプ」(一回は必ず観たはずだが内容を覚えていない)
「遠すぎた橋」
「バックトゥザフューチャー」(観たことはある)
「プラトーン」

近いうちに観ようと思っているのはこんな感じ。



年間代表曲 '11

説明しよう!このすいりぬす的年間最優秀曲賞とは、壱年ごとにその年最も「思い出深かった曲」に与えられる賞のことである!
言い換えれば、これに選ばれた曲が自分にとってその年を象徴する曲ということだ。
ちなみに賞状とかそういう具体的な何かは存在しない。

しかし「最優秀」曲賞とは、なんというネーミングセンスだろうか。
最良曲とでもすべきだったかな

#追記;「年度代表馬」にあやかって「年間代表曲」に変更。(2012年12月18日)


ともあれ、まだ2ヶ月ほど残っていますが今年のすいりぬす的年間最優秀曲が決まりました!


『覚えてていいよ』/KOTOKO

浪人時代を支えた思い出の曲であり、iTunesでの再生回数も唯一の400回超ということで、もうこれしかないでしょう。
ちなみに『正解は1つ!じゃない!!』や『はっぴぃにゅうにゃあ』などの電波的ソングや『take a shot』なども候補に挙がりましたが、いかんせん『覚えてていいよ』を知ったのが今年と言うこともあり選外に。



2005 『チェリー』/SPITZ

2006 『シェリー』/尾崎豊

2007 『てんきゅっ』/RYTHEM

2008 『かわらないこと~since1976~』/KOKIA

2009 『Midnight Blue Train』/浜田省吾

2010 『檄!帝国華撃団』/サクラ大戦

2011 『覚えてていいよ』/KOTOKO

プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。