スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モアナと伝説の海』②

1回目、2回目と観たときは、それこそ映像と音の迫力に飲まれっぱなしだったけれど、この感覚どこかで味わったことがあるなぁってずっと考えていた。そして今日(3回目)観に行って気付いたけど、これはさながらディズニーランドのアトラクションに乗っているような感じだ。

どうして3回目を観に行ったのか?

初めてこの映画を観たとき、直感的に「これはとんでもなくヤバイ作品だ」と感じたのだが、映像とか音とかそういった「表層」が強すぎて、そっちのほうに感性を全部持って行かれてしまったがゆえに、物語の中に入り込む余裕が無かった。アトラクションとしての要素が強すぎて、いまいちこれはどういう物語なのかが把握出来ず、なんとなく物足りなかった。だから、この作品を繰り返して観ることによって、そういう「表層」に慣れ、したがってこの映画をアトラクションとしてだけではなく、あらためて読み物として楽しめるだろうと考えたのだ。
そしてその試みはある程度成功した。

主題は「本当の自分の確立」。
もしこれをモアナが求めていくだけなら、この映画はただありきたりなテーマについてありきたりな結論を出しただけの、ちょっと映像が綺麗な作品だったな、という印象だけで終わったと思う。この映画のしっかりしているところは、色々なキャラクターが各々「本当の自分」について異なった問題を抱えていて、それを各々の異なった方法で克服していく、あるいは受容していくという点にある。多角的にアプローチしていくことで、ありふれたテーマが素直に心に届いてくる。

モアナは最終的に「本当のわたしは、島も好きだし、海も好きだよ」(だから、海に出っぱなしなわけじゃなくて、ちゃんと島にも帰ってくる→ラストで島に積まれた歴代の石の上に貝殻を乗せるシーンが象徴的)というところに行き着く。タマトアは大嫌いな「本当の自分」をゴージャスさによって徹底的に隠すことによって、新しい自分を発見することが出来た。

しかし、この主題について最も深く葛藤してきたのは、やっぱりマウイなのだと私は思う。神の釣り針で成果をあげることで、人々の称賛を得て、根本的な愛情の渇望を取り繕ってきたマウイにとって、神の釣り針というものは「釣り針がなければマウイじゃなくなる」と言わしめるほど大切なものだった。マウイが思う「本当のマウイ」は、神の釣り針という道具に依拠せざるを得ないほどに脆弱なものなのだ。だからこそ、最後の「釣り針があっても、なくても、俺はマウイだ」というセリフによって、マウイが自分の最も奥底にある問題に打ち勝ったんだなぁというのが観客に分かるようになっている。マウイ、ほんとかっこいい。

そして、だからこそ、テ・フィティに着く前に自信を失っているマウイに対してモアナがかけた、「(あなたを)神々が見つけたのには、理由があるのよ。…でもね、あなたをマウイにしたのは、あなたよ」という言葉は、マウイにとってどれだけ計り知れない価値を持つかが感じられるようになっている。神の釣り針のおかげじゃない、愛情に飢えていたからじゃない、本当のマウイが強くて優しかったから、人々を助けてこられたんだと。
こんなにダイレクトな言葉をかけてあげられるモアナの優しさも素敵だなぁとしみじみ思うし、こんな風に誰かを認めることができるモアナすごいとも思う。こんな風に他人を認めてあげられるというのは、強さ以外の何物でもないから。

そしてそして、このすぐ後にマウイが言った「もし俺が海なら…そうだなぁ、巻き毛の、お姫様じゃない子を探して、同じことをするだろう」という言葉も素晴らしい。このセリフの伏線として、マウイがモアナをお姫様よばわりしてまともに取りあわないくだりがある。マウイがあえてモアナのことを「お姫様じゃない子」と呼ぶことで、マウイもまたモアナを認めたのだ。


この「認め合える関係の強さ」というのが、『モアナと伝説の海』における副題なのではないか、というのが私の意見である。
確かに、映像も音も文句なし、アクション映画としても最高で、おばあちゃんのシーンも感動的だ。ディズニープリンセス像を覆したという点で、ディズニー史において意義のある作品となったかもしれない。しかし『モアナと伝説の海』を白眉たらしめている決定的な要素というのはそこじゃなくて、「モアナとマウイの関係」の中にあるんじゃないかなぁと思う。少なくとも私の中でこの映画が特別になった理由はそこにある。
認め合える相手と協力して、互いの瑕疵を治癒していく姿は、本当に美しくて心打たれる。真の関係性というものはこうであるべきなのだ。たとえ一時的には揺らぐことがあっても。

『アナと雪の女王』にも通じるものがあって、存在の一番根っこにある瑕疵が浄化されるような感じ。
どちらの映画も、心の深海に届いてくる光のようで、私の行き先を照らしてくれるのかもしれない。

スポンサーサイト

『モアナと伝説の海』

『モアナと伝説の海』観た。すごく…すごかった。悲しすぎる出来事があると逆に泣けない、みたいな感じで、ただ「圧倒されたなー」という記憶しか残らなかった。映像の美しさと音楽の高揚感が強すぎて、物語としてどうだったか?とか、何を伝えたかったのか?とかが全然わからなかった。分からなさすぎたので次の日もう一回観に行ったけど、やっぱりよく分からなかった。映画というより、なんかライブを観ているような感じ。『ライオン・キング』に近いものがあるかもしれない。自分の中でこの映画が消化されるまではまだ時間がかかりそうで、そのあとにやっと感情が追いついてくる感じなのだろうなぁ。

『アナと雪の女王』その2

映画館に観にいった『アナと雪の女王』(http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-936.html)を、今日DVDを借りてもう一度見直してみた。

映画館に観に行ったときの記事ではネタバレが怖かったので(一応)内容には踏み込んでいないのだが、『アナ雪』にはそれまでのディズニー映画にはないような奥行きがある。

クライマックスのシーンで、アナが完全に凍ってしまった後、エルサがアナに抱きつくことでアナが復活する、というシーンがある。
あのシーンを映画館で観て私は、「ああ、エルサのアナに対する愛が、アナの心を溶かしたのだ」と解釈した。そして、「この作品をつくった人は、男女間の愛ではなく兄弟愛(姉妹愛)こそが『真実の愛』だと言いたかったのだな」というように読んだ。

そして今回DVDで注意深く観てみると、それは違うのだなと思った。
オラフが暖炉で、自分の身体が溶けるのも厭わずにアナのために薪をくべるシーンで、こういう台詞がある。

「愛っていうのは、自分より人のことを大切におもうことだよ」
(原文: Love is putting someone else's need before yours.)

これは私自身ほんとーにその通りだなと思うのだがそれはさておき、このオラフの愛についての定義;つまり、「自己犠牲の愛」というものが、この作品で主張されている「真実の愛」であることは間違いない。

それで、「凍った心を溶かせるのは、真実の愛だけなのだ」というトロールの台詞を踏まえれば、クリストフやオラフはまさにこの真実の愛をもった者たちである。

そして、アナが身体ごと凍ったシーンで、クリストフがアナに触れる前にエルサがアナに抱きついている。

したがって、もし真実の愛を持ったクリストフが先にアナに触れていれば、アナはやっぱり復活していたのだろうし、もしかしたらオラフがアナに触れていても、アナは復活したのだろう、と私は考えた。

だから、アナ雪の作者はきっと、「男女間の愛<兄弟愛」と言いたかったわけではなくて、「真実の愛は男女間の愛に限らず、兄弟間でも成立する。愛の形は色々あるのだ」と言いたかったのだなと思った。


私自身はこの解釈に満足したのだが、その5分後くらいに、「[映画][アニメ]アナの魔法を解いたのはだれか?「アナと雪の女王」」(http://d.hatena.ne.jp/chili_dog/20140528)という記事を見つけて、こちらの解釈の方が正しいなと思った。

そもそもエルサがアナに触れたからアナが復活したわけじゃなくて、自分が完全に凍ってしまう・死んでしまうのも省みずに殺されそうなエルサを救おうとしたという行為にこそ「真実の愛(=本作では、自己犠牲の愛)」があり、そのアナ自身のもつ真実の愛がアナの心を溶かしたのだ、ということだろう。

先述のトロールの台詞のあとで、「真実の愛…?」「大好きな人のキスじゃないの?」という会話が続くので、アナやクリストフ、果ては観客も勘違いしてしまったのではないだろうか。そもそも、エルサはアナにキスしているわけではない。

エルサのアナに対する愛情ではなく、アナのエルサに対する愛情こそがアナの心を溶かしたということを踏まえれば、アナ雪の言いたかったことは「愛っていうのは自分より人のことを大切におもうことだよ」(自分より相手を優先して行動すること)というオラフの台詞そのまんまであろう。そこに関係の形式(親子、兄弟、友達、恋人、他人)は問われない…というところまで読み取るのは踏み込みすぎだろうか。

エルサのアナに対する自己犠牲(遊びたい気持ちを抑えて部屋にひきこもり、アナを傷つけないようにする)、オラフのアナに対する自己犠牲(暖炉など)、クリストフのアナに対する自己犠牲(自分の想いを封じ込めてハンスにアナを託す)などなど、ありとあらゆる「相手を優先する」形が劇中に登場しているので、私はそこまで踏み込んでみてもいいのかなぁと感じている。


***

もう1つ細かい点では、トロールに面会する前後で、クリストフのアナに対する気持ちが変化していることを如実に示すシーンがある。
トロールに面会する直前、寒がっているアナにたいしてクリストフは何かしようとするけれど、何もしない。単に面倒だったとかじゃなくて、多分余計なことをして嫌われるのがいやだったのかなと思う。
面会した直後、一気に弱ってしまったアナに、クリストフは躊躇なく自分の帽子をかぶせて、アナの寒さを緩和させようとする。
ここを分水嶺として、クリストフのアナに対する想いというのは本物になったのだろう。

***

『アナと雪の女王』は何も考えずに観ても面白い。映像は綺麗だし、オラフは楽しいし、戦闘シーンは見応えあるし。
でも深入りして、色々考えながら観ても面白い。すっごく良い映画だと思う。

なんというか、私もそういう人間でありたいというか、
誰かにとって何も考えずに接してても単純に楽しい人間でありながら、深入りされても奥行きを見せられるような人間でありたいと思った。

『ベイマックス』

映画館にいって『ベイマックス』を観てきた。
非常に面白かった。
ベイマックスとても可愛かった。

最近はディズニー映画をDVDで観たり、あるいは映画館に観に行ったりするのがマイブームである。
いつか劇団四季にも行ってみたい。

『アラジン』

『アラジン』で、アラジンがジャスミンと空飛ぶ絨毯に乗って飛び回るときに流れる「A Whole New World」という曲がある。たぶん、誰でも一度は耳にしたことのある曲。

原文だと、出だしで「I can show you the world」と唄われているが、吹き替えだとその部分は「見せてあげよう」と歌われている。
一見「(世界を)見せることが出来るよ」としか訳せないのに、どこに「見せて"あげよう"」というニュアンスで訳せる余地があるのかなと思って辞書で調べたら、canには「…できる」→「…してあげましょう」というように、文脈によって勧誘のニュアンスを含むことがあると書かれてあって、へぇ!ってなった。

そうだよなぁ、この世界にある、ありとあらゆる素晴らしいもの(shining, shimmering, splendid)を見たい、見せてあげたいよなぁって、部屋で1人で納得していた。

『マレフィセント』

『マレフィセント』観てきた。
この作品に興味があったというよりは、映画館のキャラメルポップコーンが食べたかったというのが大きく、あらすじや結末も全部後輩から聞いて知っていた上に、前提となる『眠れる森の美女』も観たことない(あったとしても忘れてる)のだが、それでも楽しかった。マレフィセント格好いい。杖欲しい。
核心のシーンはどことなく『アナと雪の女王』に似てた。最近はこういう方向性の主張が多いのかなと感じた。

『アナと雪の女王』

昨今話題の『アナと雪の女王』観てきた。
ディズニー映画はビデオ(DVDがまだ普及していない頃)では何本か見たことあるけれど、映画館で観た記憶はない(…と書いているうちに、『ダイナソー』を観てたのを思い出した)。ともかくも、こうして腰を据えて観るのは実質初めてのようなものである。

あの「れりご~」(「ありの~」)をどこにいっても耳にするなぁ、売れてるんだなぁ、…くらいの印象しかこの映画には抱いておらず、特別何かしらの大きな期待をもってわざわざ映画館に足を運んだわけではなかった。

だが、この映画は予想をはるかに超えて良かった。
映画館で観る映像がこれほどまでに美しいとは想像だにしなかった。
初っぱなの、職人が氷を切るシーンから、一貫して映像の綺麗さの虜になってしまった。

特に印象に残ったのは、エルザの能力が露呈してから、自分で氷の城を築いて引き籠もるまでの一連のシーン。
噴水がうねりをあげて凍るところや、氷の階段が伸びていく場面は、声をあげてしまいそうになるくらいであった。カッコイイ。このあたりは、まどマギ叛逆での銃撃戦に似た感動を覚えた。

テンポのよさも言うまでもなく、やっぱディズニーすげーなーとつくづく感じ入った。
あとオラフかわいい。
「れりご~」って意外と序盤に出てくるんだ。

こういうのはやっぱり、映画館で観ないとその魅力を最大限に享受することは出来ない気がする。
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。