スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もののけ姫』

大学の講義で扱われて、こんなに面白い映画だったのかと思い、DVDを借りてきた。
『もののけ姫』を観るのは16,7年ぶりである。
こうして成人して改めてみてみると、めちゃくちゃ面白いし、小学生の時分でこれを楽しむのは困難だと思った。
以下は私の感想文。


・シシ神の森で、サンに口移しで肉を与えられたとき、アシタカが涙を流したのは何故?

アシタカはタタラ場を出てからシシ神の森で目が覚めたとき、シシ神に銃創を癒されたことが分かり、ついでにタタリ神の呪いが解けてはいまいかと期待して手のひらを見るが、呪いのアザはくっきり残っていた。
「呪いが我が身を食い尽く」して死ぬのだ、という事実が、変えられぬ運命としてあらためてアシタカに突きつけられる(このときアシタカは珍しく感情を表情に露わにしている)。
サンに肉を与えられたのはその直後のことである。アシタカは「食べる」という、「生きる」ということの代表的な行為と、それを誰か(今回はサン)から口移しという印象的なやり方を通じて補佐してもらい、最も親密な関わり合いを実感する。
「いつか死ぬけど、いまは生きている」ということに対する、全方位へのありがたみのような感情が、アシタカに涙を流させたのだろうと。
自分がいつか死ぬという事実は誰もが理屈で分かっていることだけれど、ほぼ全ての人が実感レベルでは分かっていない。いつか死ぬという事実が実感をもって迫ってくるとき(現代社会でいうならガンの余命宣告とかだろうか)、人は絶望にたたき落とされるだろう。けれど同時に「いまは、生きている」という当たり前すぎる事実もまた、稀有なものとして、かけがえのないものとして、実感される機会もあるのだろう。そしてその生かしてくれている何か全てのものにたいする感謝(のようなもの)に人は涙するのかもしれない。


・ハンセン病の隔離

『もののけ姫』のタタラ場に出てくる包帯だらけの人が、ハンセン病に罹患した者たちであるというのは有名である。ハンセン病といって私が思い浮かべるのは、遠藤周作『わたしが・棄てた・女』や、松本清張『砂の器』である。
「おさ」と呼ばれる人物の台詞、
「生きる事はまことに苦しく辛い。世を呪い人を呪い、それでも生きたい。どうか愚かなわしに免じて」


・複雑に入り組む利害関係

『もののけ姫』には様々な集団が登場する。エミシ、タタラ場、もののけ(モロ一族、猩々、猪)、サムライ、師匠連などなど。だれがだれの敵/味方なのか、だれがだれと何の為に争っているのかを、とりあえず踏まえておかないとちゃんと楽しむのは難しい。
ジコ坊の台詞「あいつ、どっちの味方なのだ?」がそれをまざまざと象徴している。


※台詞部分はもののけ姫テキスト(http://homepage1.nifty.com/~yu/mononoke/mononoketext.html)より引用。
スポンサーサイト

『リング』

貞子が出てくるアレである。
ホラーを借りてきて一人で観ようなどと酔狂なことを思い立ち、部屋を真っ暗にしてイヤホンを装着して観た。
怖かった。とても怖かった。昨今の3Dの普及に乗じて、最近では貞子もスクリーンから出てくるようになったみたいだが(『貞子3D』)、怖すぎてとても観られたものではないだろう。

『リング』は15、6年ほど前にも観た(観させられた)記憶がある。
そんなに前の話なので場面じたいの記憶もはなはだ曖昧で、そもそも小学校4年とか3年とかの話なのでストーリーも全然把握出来ていなかったはずだが、それでも「次怖い場面が来たような気がする……うわ…こわ…ああああああ!」みたいなのがいっぱいあった。呪いのビデオの映像のおどろおどろしさは格別だった。単に先の展開が予測できるとかじゃなくて、「覚えている」という感覚だったので、ちゃんとそのとき観た記憶がどこか知らないところに眠っていたのだろう。

それで、いざこうして成人してちゃんと観てみると、突然画面が切り替わって白い血だらけの女の人が出てくるみたいな心臓に悪い怖さだけじゃなく、なんというか、普通の「読み物」(映画だけど)として面白かった。脈絡のない怖さじゃない。

だけど今の若い人たちにとって「VHS」とか「ダビング」とかって通じるんだろうか。『着信アリ』とかもガラケーだし。スマホとかBlu-rayとかに独自のホラー作品があっても良さそう。
あと、冒頭の竹内結子が可愛い。

『小野寺の弟・小野寺の姉』

『小野寺の弟・小野寺の姉』という映画が公開されたとのことで、観に行ってきた。
先日記事にもとりあげた、阿部真央の「それぞれ歩き出そう」が主題歌となっているという、ただそれだけの理由で観に行ってきた。

内容には正直いうと全く期待していなかったのだが、これが本当に良い映画でびっくりした。
コミカルな掛け合いと、さりげない優しさがあり、私の大好きな「笑いあり涙あり」をまさに具現化したような作品だった。何度もうるうるしてしまった。
ふたりの姉弟こそが、まさに本物の「関係」だよな、などと思った。
あと向井理のファンになった。

今日まで知らなかったのだけれど、毎月1日は映画が安くで観られるらしい。
景気づけで毎月初日に何か映画を観に行くのを習慣にしようかな。

『たまこラブストーリー』

『たまこラブストーリー』を観てきた(一人で)。

感想としては、不覚にもドキドキしっぱなしだった。
もち蔵の片想いが、地上波での『たまこまーけっと』では(この表現は正確ではないだろうけど)単なる一つのギャグ要素として扱われていたのに対し、『たまこラブストーリー』においては物語の中心となる主題として描かれていた点。
および『たままー』で大きな役割を担っていたデラちゃんが今作では全くといって良いほど絡んでいなかった点。
この2点が、『たまこラブストーリー』が『たままー』とは大きく趣を異にしているように感じさせたポイントだったのかなと思う。

男の子はその女の子が好きなのだけど言い出せない、女の子はその男の子を友達として大切に思っている、こういうぬるま湯みたいな関係が、一つの告白をきっかけにして猛烈に逆転し、急速に展開していく。
ああーーーって感じですね。

***

映画館に行ったのは10月のまどマギ叛逆以来。
TSUTAYAでDVD借りて、部屋に引き籠もってじゃがりこ喰いながら映画を観るのも楽しいけど、やっぱり映画館で観たときの晴れやかさは段違いだなぁと実感する。
もっと足繁く通ってもいいのだけれど。

今日はポップコーンを食べながら観た。
ポップコーンは食べても音がしないから映画館でよく消費されているのだ、という話をどこかで聞いたことがあるような気がする(本当かどうかは分からない)。しかしやっぱり多少の音がするのは避けられず、しかもこういう割に静かな映画を観ながら遠慮なしにポップコーンを頬張るのもちょっと気が引けるなぁと思いながら慎重に食べていたら、食べきらないうちに映画終わってた。

叛逆の物語・感想

ネタバレ注意。

続きを読む

『AKIRA』

『AKIRA』の映画版を借りてきた。
今までこれを観たことはないと思っていたけど、鉄雄のお腹から腸がでろでろっと零れ落ちるシーンを明確に覚えて居たので、忘れていただけでもしかしたら観たことがあったのかもしれない。

難しいことはよく分からなかったけれど、迫力が凄すぎた。
「金田ァァァ!」「さんをつけろよデコ助野郎ォォ!」という掛合も激アツだった。
最高に面白かった。そして、この時代のアニメをもっと漁っていきたいと思った。
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。