スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳計画①

槍ヶ岳に登りたい。
どうしてそんなことを思いついたのか、そのきっかけは今となってはよくわからないけど、なぜかこの思いつきだけはずっと去年から頭の中にあって、そのまま5月を迎えた。
9月に挑戦しようと考えているので、そろそろ本格的に計画を立てる時期に差し掛かっている。
ちなみに「9月」の根拠は、7・8月に比べて混雑していないという話を聞いたからである。

槍ヶ岳は北アルプスの名峰の一つであり、一般登山者が登る山としては難易度が高い。
中学生のときから登山経験が実質的に途絶している私が残り4ヶ月で挑むには、少々無茶といえるかもしれない山である。
しかし今年のこの目標だけは譲れない。既にこの一年で色々なことをあきらめてきたのだ。これくらいのことは通したい。

さて、実際に槍ヶ岳に登る上で考えなければならないことが3点ある。
1つ目は体力の増強。
2つ目は予算の確保。
3つめは経験値の積み立て。

1つ目については、去年の7月からコンスタントにランニングしてきた甲斐もあって、最低限の基準はクリアしていると思われる。あとは9月に向けて集中的に走りこみ、少し食事も制限して、身体をぐっと絞ればだいぶ良いだろう。
それと、登山に必要な筋肉を付けるトレーニングも付加していきたい。平地を走る筋肉と、山を登る筋肉とは違っているように感じられるからである。

心配なことがあるとすれば、オーバーワークで直前に足を痛める危険性があるということ。
既に今、軽いシンスプリント(http://www.cramer.co.jp/care/shinsplint.html)気味であり、ちょっと走るペースないし距離を見直さないといけないのかなぁと逡巡しているところである。
無論ランニングには多少の下半身の痛みがつきものだが、これは結構不気味な痛みである。重症化するのは防ぎたい。

私は過去一度、(走ることにとって)致命的に膝を痛めており、一年間ジョギングすらままらなかったことがある。
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-550.html
この痛みに比べれば、臀部が痛もうが足首が痛もうがシンスプリントになろうが大した問題ではない気もするのだが、やはり北アルプスに挑戦するにあたってはせめて足を万全の状態にして挑みたい。


2つ目、予算の確保についてだが、実際問題これが一番見通しが立っていない。
就活も平行して進めているのでバイトを詰めるわけにもいかず、値段の張る登山用品を1から揃えないといけない身には辛い。
何かを本気で進めたいと考えたとき、必要となるのは意志なんかよりも資金なんだなとつくづく思う。


3つ目。経験値の積み立て。
梅雨明けごろから、月1~2程度でそれなりの山を登っておきたい。
実際に登ってみないと、登山で必要な物事を経験的に把握するのが難しく(知識がそれなりにあっても、経験がないと積み上がらないから)、ぶっつけ本番で岩場に挑むのも流石に無謀だろう。初回の槍ヶ岳であるから、最も簡単なルートを選ぶつもりだが。間違っても大キレットは経由しない(いつかしたいけど)。

予算との兼ね合いで、どの山に登っておくか考え中。
尤もこれを考えるのがとても楽しいのだが。



スポンサーサイト
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。