スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たなばた

国家一般職と地方上級、それぞれ一次試験(=筆記試験)に合格できた。
安堵感が大きいけれど、なぜだか全く浮かれた気持ちがわいてこない。
本来ならもっと喜ぶべきなのに、我ながら不思議である。

次は面接。
しっかり準備をして、悔いの残らないように頑張ります。
スポンサーサイト

絶対論理のパラノイア

東京大学の数学(理系)で、このような問題が出たことがある。

「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」

結構これは面食らう問題であったことだろう。
当時、小学校教育で円周率を3として扱う云々に対する最高学府からの警鐘だ、などと言われたりもしたが、ともかくも解法を紹介したい。

半径が1の円と、それに内接する正十二角形を考える。
正12角形を構成する三角形は、二辺の長さが1で、その二辺に挟まれた角は360÷12=30°である。

のこり一辺の長さをaとおくと、
余弦定理よりa=√(2-√3)となる。
よってこの正十二角形の周の長さは、12×a=12√(2-√3)、となる。

さてこの円の円周の長さは円周率×2である。
(なぜならば円周÷直径=円周率だから)

この円周は、もちろん正十二角形の周の長さより大きいのだから、
円周率×2>12√(2-√3)

これを計算していくと、円周率>3.05が求まる。

110531_0212~0001



この考え方を応用して、正n角形ではどうだろうか?
円に内接する正n角形の周の長さを直径2でわると、円周率に近い数値が出てくるはずだ。
そうして、そのnの値を大きくしていけば、その正n角形はどんどん円に近い図形となっていき、
周の長さ÷直径が、どんどん円周率に漸近していくのではないか?

と思って考えたのが、下の図である。

110531_0224~0001


残念ながら文系なので数3は履修しておらず、したがって極限は扱えない。

lim(x→∞) 〔x√{2-2cos(360/x)°}〕/2 

この値は本当にπとなるのだろうか。

i say farewell

今日は東大の合格発表があった。
僕の受験番号は無かった。つまり不合格だった。

まぁあれだけの解答を書いて落とされたのは仕方がないと、今となってはさっぱりした気持ちだ。
悔しくもなければ、落ち込んでもいない(もちろんテンションが上がるわけでもないが)。
これからは受験に束縛されず、好きなように遊び、好きなように学ぶことができる。
「心地よい挫折感」のようなものを感じている。

長い受験生活の中で、自分は多くのことを学んだ。
現代文は論理的に考えることを教えてくれ、古典は審美眼を養うヒントをくれ、英語は語学の体系的な学習法とは何かを示唆し、数学はひたすら楽しかった。
世界史・日本史は単純暗記の重要性と、物事を道筋立てて考える力を与えてくれた。

しかしそれだけではない。受験とは一見相関性のない、周縁的な物事や価値観も多く身につけることが出来た。
それは3月5日の記事を参照してくれるとありがたい。

端的に言えば、受験は僕を大人にしてくれたのだ。
そして目標に向かって能動的に進んでいくという行為が、今となっては自分にとって従属的な(つまり当たり前のように出来る)ものとなった。

もちろん反省点もある。
特に3度同じ失敗を繰り返してしまったことは、猛省に値すべきだと強く感じている。
高い目標を掲げることは素晴らしい、しかしそれに向かって具体的な対策を講じないのは愚かだ。
結果として自分は自分を抜け出すことが出来ず、周囲からの信頼も失った。
そして何より、貴重な時間を無駄にしてしまった。

しかしながら、それでもこの受験生活の中で得たものというのは、たとえそれが十全のものでなくとも、自分にとって紛れもなく一生の財産であると言い切れる。
これからは大抵の困難なら、この元手でなんとか切り抜けていけるだろう。そう思う。


もし東大に受からなければ、自分には価値がないと思っていた。
しかし今は自分自身で、自分の価値を生み出していけると確信している。
いや、生み出していかねばならない。

東大に対する後腐れは一切無い。

東京に行くという人生最大の目標は、既に早稲田合格によって達されているので、それは嬉しい。
僕はどうしても絶対に東京に行きたかった。
もちろん嬉しいことばかりではない。学費や就職、人間関係…悩むべきことはこれからも数多く出現するだろう。しかし、まぁ、なんとかやっていけるんじゃないかな。


東大を目指すことは、僕にとって青春そのものだった。
RYTHEMの解散、東大の不合格…「今まで」は完全に過去に流れ去り、また新しいステージが始まるのだと、西陽の光をぼおっと眺めながら思った。

今は受験から解放され、ただただ安堵している。


勉強法

「勉強法がわからない」

こういう悩みは受験生に限らず共有されるものだし、また自分自身も持っているものなのだが、ちょうど良い機会なので(?)自分なりに思うことを書いてみようと思う。


結論から言いたい。

「勉強法は、自分が勉強しない限り習得できない」



結局、最初から(つまり勉強を始める前から)自分にぴったりくる勉強法など存在しない。

勉強法というのは、自分が勉強していく途上でだんだんと身につけていくものだ。
個々人が試行錯誤を重ねて、マイナーチェンジを繰り返しながら完成していくものでありながら、また自分の習得レベルに応じて推移していくものでもある。

だから勉強法は誰にとっても固有のものである。


こういってしまっては元も子もない。もちろん、自分なりの勉強法を教えること自体は決して無益なことではない。
しかしここで大事なのは、それが「かりそめ」の勉強法であるということを強く自覚することだ。


「かりそめ」の勉強法を暫定的に使って自分が勉強していくことで、自分なりの勉強法を見つけ出すことができる。
その「かりそめ」の勉強法とはまるで違う勉強法が見つかるかもしれないし、それが十全に使えるものであるかもしれないし、それをマイナーチェンジして自分独自のものができるかもしれない。


どのパターンであろうと、まず勉強することなしには、決して最適の勉強法を見つけることはできない。


だから勉強したことがない人ほど、勉強法をはじめの一歩で気にしてしまう。
どんな形で良いから、勉強したという経験を積むことが大事なのだと僕は思う。



「だからその『かりそめ』の勉強法を聴きたいんだよ」というツッコミが怖い

埼京旅行記③-RYTHEM解散

埼京旅行記①
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-199.html

埼京旅行記②
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-200.html


東大の受験が終了して、中学の友達と食事に出かけることになっていたので、新宿駅で待ち合わせた。


今日が早稲田の合格発表日だったことを思い出して、友達を待っているあいだに電話で照会することにした。
正直なところ望み薄だと思っていたので、もうなるようになれという感じだった。


だから「おめでとうございます。合格です」という電子音声を聞いたときには不意に泣きそうになった。

これで東京は俺のものだなどと裏社会を牛耳るマフィアのようなことを思った。


すでに社会人の友達と焼き肉を食べ、おごってもらい(本当にありがとう)、懐かしい話に花を咲かせた。



翌日はRYTHEMの解散ライブがあった。

RYTHEMについて思うことはここ(http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-10.html)へ

ゼップ東京に行く前に再び秋葉原に行った。またしてもアニメイトに行き、ハヤテのごとく!を23巻から最新巻まで買い、夢喰い2、ローゼン4も買った。

ハヤテのごとく!を持っている人ならご存知の通り、23巻と24巻はクライマックスなのですごく楽しみにしていた。
ええ、面白かったですとも。

関係ないけど僕はマリアさんが一番好きです。あ、あと二番目に伊澄さんが好きです。


そのとき、26巻と27巻の通常版を持って行ったら、レジの方が「限定版ではないですがよろしいですか?」と言ってきた。
通常版を持って行ったら限定版の存在を教えてくれる…なんて進んでいるんだ、さすがアニメイト秋葉原店…などと思った。
しかもご丁寧に両者の違いを教えてくれた。
「こちら26巻の限定版にはマリアの生写真がついてきます」

吹き出しそうになった。



そしてゆりかもめで現地に向かった。
当たり前だが人が多かった。

ライブハウスということで、すし詰めで立ち見だった。


RYTHEMの2人が現れて、最初にハルモニアを唄ったときはすごく心が震えた。
高校生の頃を思い出して、わけのわからない感情が体を波紋のように伝っていった。
涙が出てきた。


「てんきゅっ」を唄ってくれなかったことは残念だったけど、「万華鏡キラキラ」も生で聴くことが出来、「キセキ」「アイシカタ」「ホウキ雲」などなど、思い出深い唄を聴くことが出来て幸せだった。

2人とも本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


そして観覧車に乗った。1人で。
いやー前も後ろもカップルでしたわwwwwwアハハハハwwwwwwwwwwwwwwwwww
夜景がきれいだなぁぁぁあああああああああ

110227_2136~0001



パンパンに張った足を引きずりながら浅草のホテルに帰った。
28日には従兄弟と食事して、羽田から帰った。

また東京に逢えるんだな…
そんなことをしみじみと考えながら、母がいれてくれる熱いコーヒーが楽しみだった。

埼京旅行記②-東大受験

埼京旅行記①
http://metroaqua.blog52.fc2.com/blog-entry-199.html


埼玉ではいとこがアニメの趣味を持っていることが発覚し(いやもう、けいおん!のフィギュアがたくさんありましたからね…)、そこで緊張が解けたような気がする。

特に金曜日は、魔法少女まどか☆マギカが放送されるということで、テレビを借りて見せて貰った。

リアルタイムでこの素晴らしいアニメを楽しめる…こんな素晴らしいことってありますか!?いやない!!!!!



一週間ほど埼玉に泊まったあと、新宿のホテルへむかった。

地方民にとって(都民の方もそうなのかな)、新宿駅は恐怖である。
まず人が多い。
構内が広い。
乗り換えが難解。
怖い人が歩いている。
口が多すぎる。

新宿駅を抜け出すことができるのだろうか…と若干ならざる不安を感じていたが、意外と東南口というところが近くにあって、拍子抜けするほどすんなり抜け出すことが出来た。

新宿のホテルは臭かった。新宿だから仕方がない。


で、外に出てマクドナルドを探していたらなぜか歌舞伎町に。
受験前日に歌舞伎町とかフラグが立ってます。

110224_1856~0001


夜はもちろん眠れません。
ただ目をつぶっているだけです。



最後の東大受験はそうして始まった。



一日目、既に東大生の友達が応援に来てくれた。
友達と喋ったことで気分がだいぶほぐれた。本当にありがとう。

一日目は国語の古文がちんぷんかんぷんで半ば絶望。
しかし数学が予想外に解けて、これでチャラかなとか思う。

2月25日は金曜日。
もちろんまどかを見る。たとえ明日が入試2日目であろうと見る。


「あたしって、ほんとバカ」


8話は見ていない人もいるでしょうしネタバレはしませんが、もうそれを見た後しばらくは放心状態でした。
ずっと頭から離れない。


そして眠れない。2日目も眠れないというのは初めてだった。


二日目は地歴と英語。
世界史はかなり自信を持って解答でき、日本史は無難に解答できた。

しかし英語が難しかった。
東大の英語は簡単だとよく言われるけど、あのような極限状態で、そして実質90分という短時間であの量の英文をこなしていくというのは反復練習なしには不可能だとつくづく実感した。


もうこれで、東大を受けなくてもいいんだなと思った。

埼京旅行記①-秋葉原の夜

2月の16日から28日まで、東京と埼玉におりました。受験旅行です。
まあちょっとそのあたりのことを、ぐだぐだと書いていきたいと思います。


###

初日。
親に空港まで送ってもらった後、3列シートの飛行機に乗り込むと窓際にカップルが座っていた。
窓際は僕の座席のはずだったが、それを指摘すると「なんだこの童貞野郎」とか言われそうなので黙っておいた。


羽田に着いて京浜急行に乗り込む。
どうでもいいが、天空橋という駅名は天王洲アイルと同じくらい好きだ。
もっとどうでもいいが天王州アテネちゃんも好きだ。

渋谷駅に着くとホテルを探すことになるのだが、地図がまったく使えない。
せめて交差点の名前とか通りの名前とか書いていて欲しかった。

結局、12キロのボストンバッグとトートバッグと紙袋を持ったまま、1時間ほど渋谷の街を徘徊した。
この時点で日頃歩いていなかった僕のケツは悲鳴を上げていた。
もう家に帰りたくなった。


やっとの思いでホテルを見つけたのち、早稲田の下見に出かけた。
しかしそこは私、まずは秋葉原へ直行である。
山手線で一発だからな。
高田馬場を華麗にスルーして、憧れの地・秋葉原へ。

110216_1248~0001

とはいえ、特にすることもなく、何となくアニメイトへ。
畢竟やっていることは鹿児島にいるときと何ら変わらない。

ひとしきり歩いた後、秋葉原からほど近い両国に向かった。お相撲さんの街である。
両国国技館を見て満足。あと両国駅の風情がよかった。早く場所が再開されるといいな。

そんなこんなで僕は下見をするという目的を完全に失念していた訳だが、明日道に迷ってアボンというわけにも行かないので早稲田大学に向かった。
校舎(?)が予想以上に大きくてちょっと圧倒された。


尻の痛みも限界に近づいていたので渋谷に帰る。
渋谷はナウでヤングな若者が多く、彼女もお金もファッションセンスも持ち合わせていない僕には全くもって無縁の街である。

110216_1839~0001


○l○l とか読めねぇよ


ホテルに帰った後、赤本を初めて開く。
正直私大の対策なんてしたことなかったのだ。前日の夜に赤本とかもうね。

そして英語が死ぬほど難しかった。
もう最悪だ。

半ば絶望的な気分で、しかも眠ることも出来ず。
東京に住むという夢が、アニメをリアルタイムで見るという夢が、もう終わるんだな…とか思ってた。


そんな風にして早稲田受験は始まった。
英語はやはり難しかった。とにかく落ち着いて解くことを心がけたからか、昨晩よりは出来たような気がした。
国語は第二問の現代文と古文が難しく感じた。パスカルって誰ぞ
世界史はスパスパとけた。しかし後で教科書を見返したら予想以上に間違っていたのでここでも絶望した。

もうちょっと対策しておけばよかった、と思った。
どんな層の人間が受けに来ているのか分からなかったし、大体どこらへんまで解ければ受かるのかも知らなかったし、ちょっとなめていたところがあった。

結果的には合格だったので良かったが。


受験終了後、埼玉に住んでいる親戚の家に泊めて貰った。
お風呂にも毎日入れてくれたし、洗濯物まで洗ってくれた。本当にありがたいことだと思う。

clarify


こだわってたと言うよりは、単にさぼっていただけだったりする



今日は慶應義塾大学の法学部A方式の合格発表があった

A方式とは、センターのみの点数で合否を決める方式のことだ
アホウ式と読めないこともな、いやなんでもない

そしてこのA方式、今年度をもって廃止が決まっている。
是非ともこの話題が来年僕に関わってこないように頑張りたい


僕の場合センターの指定科目点数が540点(90.0%)だったのでダメモトで出願した

んでやっぱり落ちた

なまじ点が良かったために19000円をドブに捨てたようなものである


まあ、私大とか金かかるし別に良かったし落ち込んでなんかないし
くそプレッシャーが掛かるし、なんかもう死ねy、いやなんでもありません


それにしても一週間後に、今度は一般入試で早稲田(文)が待っている
これを確実にパスしないと本気でヤバイ。あー怖い。
東大も一応受けるけど、とてもじゃないが確実とは言えないです


はぁ、いつになったら解放されるのやら

センター試験

が、終わった。


現社 89
世史 97
国語 172
英語 183(リス 38)
生物 90
数① 94
数② 71
------
合計 796
(リスニング除く)


さて、どうしたものか。

前年度比+88、という躍進ぶりはよかったと思う。
でも個人的には絶対に800は越えたいと思っていたので素直に喜べない。

後はマークミスしてないことだけを祈ろう…

受験の神様

東大の受験が終わった日の夢を見た。


そうだった、まだ受験は終わってないんだ
プロフィール

みかきもり

Author:みかきもり
みかきもり/翠凜/りぬす

「本当の優しさ」「自分を好きになる」

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。